ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

失われた時間に光を!ボスニアの廃墟に描かれたストリートアート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1990年代に大きな紛争を経験した、ボスニア・ヘルツェゴビナ。

そこから新たな社会を築いている同国に、アートギャラリーがオープンした。

それはずっと放置されていた工場だった場所。

廃墟の雰囲気を活かしたまま、制作した壁画を展示している。

このギャラリーを開いたのは3人の若者からなるアーティスト集団「HAD」。

建築学科に通う学生、画家、そしてストリートアーティストとばらばらのバックボーンを持つ彼ら。

今までのアートとは違うまったく新しいものを生み出したいと、不思議なギャラリーを自分たちの手で作り上げた。

制作の手法も、同じようにユニーク。

ただ壁に絵を描くのではなく、削り、穴を開けながら、独特のムードを持つ作品を生み出していく。

同じ国に住む人間同士で争った戦争の記憶は、今も傷跡を残すが、新しい芽は常に生まれ続けている。

そんなことを感じさせてくれる新ギャラリーの今後に期待したい。

 

Facebook(HAD artwork)
https://www.facebook.com/HAD-artwork-515550175258983/timeline/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP