ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セキュリティアプリのAVG、プライバシーポリシーを改定して一部のユーザーデータを利益目的に他社に売却可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セキュリティアプリ「AVG」の提供元が 10 月 15 日より適用するプライバシーポリシーの改訂版を発表したのですが、その中で、利益目的でユーザーデータの一部をサードパーティの業者に売ると明記されており物議を呼んでいます。AVG のセキュリティアプリの多くは無料で提供されています。この販売方法を維持するために、改訂版では、個人を特定され得る情報を除き、一部のユーザーデータが売られることが可能になります。ユーザーデータの中には、使用アプリ、Cookie、検索履歴、言語、デバイスのモデル名が含まれています。改訂版プライバシポリシーでは、個人を特定されないデータであっても共有しない場合は機能を無効にできるとしているので、10 月 15 日以降にユーザーデータを送信したくない場合は無効にすれば良いですね。とは言え、特にセキュリティアプリなのに利益を上げることを目的にユーザーデータを売る行為に対しては批判が集まりそうです。Source : AVGPCMag

■関連記事
Android版Googleフォトがv1.5にアップデート、コラボレーション機能やGoogle Cast、人物ラベル機能が今後提供される模様
Android 5.1.1版Xperia用の通話録音アプリが非公式に公開
Pebble Timeにv3.4のアップデートが配信開始、初代Pebbleにタイムラインインタフェースが提供される予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP