ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピンクのイルカがアメリカで発見!奇跡のイルカは本当に存在した・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2007年に米ルイジアナ州のカルカシュー川で、世にも珍しいピンク色のイルカが発見され話題になりました。そんなピンクイルカが、およそ8年ぶりに姿を現したと米メディア「mic」が紹介しています。その姿を一目見たいと、観光客も殺到しているとか。

世にも珍しい
ピンクイルカは存在した!

ピンキー(ピンクイルカの通称)が戻ってきた!と、その存在を世界に報じたのは、ルイジアナ州のローカルメディアWGNO

「ここ最近は、ほとんど毎日のように現れているよ」とWGNOに嬉しそうに語るのは、カルカシュー川でチャーターボートの船長をするErik Rueさん。彼曰く、ピンキーはお母さんと一緒に泳ぐことが多かったそうですが、最近は一人で泳いだりすることもあるのだとか。

ピンキーに恋人発覚!
ついに、妊娠!?

そもそも、ピンクのイルカ自体非常に珍しい存在。遺伝的にも特殊なアルビノ種で、2007年に発見された時は世界に衝撃を与えました。現在は順調に大きくなり、妊娠している可能性すらあります。Erikさんは、 ピンキーが彼氏と一緒に交尾しているところを目撃したことがあるとか。もしかしたら、新しい命が誕生するかもしれません。

ここからは、その姿をまだ疑っているという人のためにピンキーが映っている動画を紹介します。

Licensed material used with permission by WGNO-TV | ABC26 / mic

関連記事リンク(外部サイト)

手術中、ずっとママのそばを離れない赤ちゃんコアラ。胸がキュンとなる親子愛
子どものTV出演の条件に出された「4つの質問」。あまりの残酷さに、涙を流す親も・・・
【閲覧注意】空腹のシャチの前を歩く「鳥」。待っていた、悲惨な結果とは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP