ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Pebble Timeにv3.4のアップデートが配信開始、初代Pebbleにタイムラインインタフェースが提供される予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Pebble がスマートウォッチ Pebble Time / Pebble Time Steel に対して、v3 4 のファームウェアアップデートを配信開始しました。今回のアップデートでは、「Quiet Time」と「Standby mode」という新機能が追加されます。Quiet Time は通知しない期間を設定できる機能で、手動で設定できるほか、カレンダーの予定の最中には通知しないように設定することもできます。Standby mode は、本体が一定レベルの動きを検出しない時間が 30 分に達した場合に Bluetooth の接続を切ってバッテリーの消費を抑制する機能です。v3.4 ではこのほか、フランス語、ドイツ語、スペイン語のローカライズも行われています。Pebble 関連で、同社は初代 Pebble / Pebble Steel に対して、新モデルの Pebble Times で導入したタイムライン UI を提供する計画も明らかにしました。Source : Pebble

■関連記事
Huawei、欧州で「Mate S」の予約受付を開始
インド Micromax、約7,300円のAndroid 5.1スマートフォン「Canvas Spark 2」を発表
LGの「G4 Pro」とされるスマートフォンのぼやけた画像が出まわる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP