ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

誰でも行ける北朝鮮国境 / 最新鋭の中国新幹線に乗り8時間以下で北朝鮮国境へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

あまり知られていないことだが、北朝鮮国境の中国側には簡単に行くことができる。しかも経済的にも安価で、北朝鮮に行くより数十万円ほど安く行ける。もちろん北朝鮮に入るわけではないが、「北朝鮮まであと1メートル」というところまで行ける。

・帰国後に荷物を没収される
日本人が北朝鮮に行く場合、日本から中国の北京に入り、そこから夜行列車か飛行機で平壌(ピョンヤン)を目指すことになる。高額なツアー料金は30~35万円ほどで、日本国政府は北朝鮮への渡航を推奨していないこともあり、帰国後に荷物を没収されることもある。

・中国新幹線で瀋陽経由
とはいえ、「もっと手軽に北朝鮮を覗いてみたい」という人がいるのも確かである。そんな人は、日本から北京に入り、そこから中国新幹線で瀋陽(しんよう)まで行き、高速バスに乗って北朝鮮国境の町、丹東(たんとう)まで行けばよい。

・丹東は北朝鮮の文化を色濃く含む中国の町
中国新幹線は数千円、高速バスは1000円以下で乗ることができる。北京から1万円前後で北朝鮮国境まで、8時間以下で行けるのである。丹東は北朝鮮の文化を色濃く含みながらも、中国文化を保つ不思議な都市。

・北朝鮮国境の村を双眼鏡で覗く
北朝鮮資本の飲食店が多数あるだけでなく、北朝鮮見学を売りとしてツアーやガイドも人気を博している。また、丹東市には北朝鮮までたった1メートルの場所までいける、「一歩跨」と呼ばれる場所もある。そこからは、北朝鮮国境の村を双眼鏡で覗くことができ、さらに撮影も可能だ。

・日本文化や温泉なども残されている
丹東はもともと戦争答辞に日本軍に制圧された町で、日本文化や温泉なども残されている。歴史を知るうえでも非常に興味深い町なのだ。ちなみに、万里の長城の最後尾もこの丹東にある。

もっと詳しく読む: Photrip フォトリップ http://photrip-guide.com/2015/09/21/tando/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。