ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドクダミハニー 飲用した高齢者元気出過ぎて困ったとの逸話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中高年男性にとって“下半身の元気”は極めて重要な健康問題だろう。その効果において注目すべきが、9月16日発売の健康雑誌『壮快』11月号で紹介される「ドクダミハニー」である。

「熊本にある祟城大学の薬草博士、村上光太郎名誉教授に教えていただいたドリンクです。老人病院に寄贈したところ、高齢者の下半身に元気が出すぎていろいろと問題が起き、院長に『持ってこないでくれ』と言われたなんていう逸話もあるほどです」(同誌の小川潤二編集長)

 まさに奇跡的な“回復力”だ。ここは村上教授に直接うかがうしかない。

「ドクダミハニーの存在を知ったのは今から40年ほど前のことです。千葉のとある農家に古くから伝わっていた家伝薬で、江戸時代には薬として売られていた。しかし明治以降の法律で、薬として販売できなくなった。それで私の存在を伝え聞いたその農家の人が、家伝薬を持って私を訪ねてきたのです」

 作り方は、ドクダミの葉や茎を刻んで搾り、青汁を作る。付着した酵母菌が落ちてしまうので、洗わずに搾ること。その搾り汁にハチミツを加え、1か月間、毎日かき混ぜる。ハチミツは搾り汁に溶けにくく沈殿してしまうため、かき混ぜないと上部の糖度が不足し、酵母菌が増殖できずに腐ってしまうからだという。搾り汁とハチミツの割合は5対1が目安だ。

「1か月をすぎたら後は放っておいて2~3か月で完成。ちょうどリンゴの搾り汁のような色で、味もリンゴ酒に似ています」(村上名誉教授)

 伝え聞いた“逸話”が本当なのか確認すると、氏は「ハッハッハッ」と笑って、さらなる仰天エピソードを語ってくれた。

「80代の寝たきりの男性にドクダミハニーをすすめたところ、起きて歩けるようになり、『自分のムスコも20年来寝たきりだったが、飲み始めたらムスコも起き出した』といっていた(笑い)。80代後半の男性が飲み始めて、妻と30年ぶりにできたという話もありますよ。

 私も話半分で聞いていましたが(笑い)。生のドクダミには排膿作用があり、乾燥させると血行を改善し炎症を抑える十薬(漢方薬)になる。さらにドクダミハニーになると、強壮作用が加わるのです」

 生のドクダミは花屋ではほとんど取り扱っていないが、自生力が強いので山奥でなくても住宅周辺や道端にも生えている。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
おいしいハイボールを作るにはウイスキーとソーダ比は1:4で
福岡SBホークスの「ハニーズ」が笑顔で通路に走り込んでくる
新たな魅力を発見できる阿川佐和子の新訳「くまのプーさん」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。