ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『熱狂宣言』松村厚久社長「信頼を得るにはGNOが大切です」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 奇跡の100店舗100業態達成、食とエンタメの融合など、情熱と才気で業界を革新し続ける東証一部上場企業「ダイヤモンドダイニング」創業社長の松村厚久氏(48才)。ノンフィクション作家・小松成美による『熱狂宣言』(幻冬舎)では、熱く人を巻き込み、社員や仲間に愛される人物像が浮かび上がる。人の信頼を得る秘訣や社員の育て方について、松村社長に話を聞いた。

――アルバイト入社した若者に1億円を託してグループ会社の社長を任せてしまうという豪胆なことは、どうしたらできるのでしょうか?

松村:一生懸命やっていて能力がある人をすぐ見抜いているからです。ただ、僕と違う能力を持っているので僕には教えることができない。だから自分の会社を作らせて、資金的な援助はするけど、やり方、経営は自分たちでやれと完全に任せてしまいます。その方が彼らの力が発揮されるのです。

――人材を適所に配置したとしても、任せきるのは簡単ではないと思います。

松村:次の店舗を作りたいけど、副店長が育ってから次の店舗を作っている企業は多い。でもそれではスピードアップしないですよね。自分にはない能力を活かしてあげたいと思いますし、やっているうちに度胸もついてくる。若手を育てないと会社も育たないですよ。僕は任せすぎるので、いい意味で裁量制、悪く言えば投げっぱなしと言われていますけど。

――自分の方針に部下を従わせて動かしたがるトップは多いように思いますが…

松村:それによってダメになる会社はたくさんありますね。上に立つ人間の年齢の問題ではありません。社長が若くても、さまざまなものを常にインプットしていたらアイデアや策は出てくるし、人の能力や良さを見抜く力もつくと思います。僕は「クリエイティブは目から」とよく言いますが、映画をたくさん観たり、女性誌をたくさん読むとか、旅行へ行っていろんな風景を見るとか、常にいろいろなものをインプットしていれば、出すべき時にアイデアが出てくると思うんです。

 全くインプットをせず、考えるだけ考えて業態を作っても、人の心に響く業態は作れないですよ。そうして失敗している会社はいっぱいあります。飲食に限らずですが、飲食は特に多い。特にカリスマ社長と言われる人は、一つ業態が当たるとそれをやり続けてしまう。ほかのものを作ろうとしたときに全て同じに戻ってしまい、新しいものを作れないんです。

――モチベーションを上げさせる天才との声があります。社員を育てる上で大切にしていることとは?

松村:裁量制を持たせるということと、やりたいことをやらせてあげることです。ダメなことはダメだとしっかり言わなくてはいけないですが、極力やらせてあげる。そうして力をつけさせていけば、結果的に会社の大きな力になりますから。ほかに僕のモットーは、女子社員は絶対に怒らない。なぜかというと、嫌われるのが嫌だからです。でもそれによって、女性たちが大いに“女子力”を発揮してくれていると思います。

――競合する同業他社の経営者たちとも親しく交流し、惜しまず良い情報を提供したり力になる姿勢に驚きました。

松村:全然問題ないですよ。真似されてつぶれるようだったら、始めからやらないほうがいいんですよ。TTP(ティーティーピー)、“徹底的にパクる”というモラルのない会社もありますけどね。

――仕事においても、エンタメ性を大事にされているのはなぜでしょうか?

松村:人を楽しませたいからです。面白くないと楽しくないじゃないですか。仲間の誕生日会を頻繁にやって集まっているのも、絆を深めるためです。友達のパーティーなど行くと、必ずカラオケを歌いながら登場したり、先日のパーティーでは久しぶりにローラースケートを履きました。それまでたくさん練習して。パロディをやって面白くふざけるのも、みんながそれを求めるのでやっていましたが、年を追うごとに好きになってきました(笑い)。

――遊びも仕事の原動力になっている、ということでしょうか?

松村:なっていますね。僕は「仕事の中に遊びがあって、遊びの中に仕事がある」といつも言うんだけど、線引きを一切しない。遊びの中に仕事の要素がいっぱいあるんですよ。案外、仕事っていうのは遊びの中で決まる。遊んでいる時に仕事を思いつくこともありますし、「こんにちは、はじめまして」で仕事を頼まれるのではなくて、遊びの中で人から仕事を頼まれたりする。だから社員にも、「クリエイティブは目から」と言って、映画を観たり本を読む時間を大事にしなさいとはよく言っていますね。

――社内外、松村社長に協力を惜しまないという人は多いと思いますが、人から信頼を得る秘訣とは?

松村:初めからそういうわけではないですから。相手に頼まれたことを一生懸命やりますよ。普通はみんな損得勘定を考えますが、僕はそんなの全く考えないです。ケチって言われるのが一番嫌なので、お金はケチらず思いきり払います。

 大事なのは、嘘をつかないことです。そして、1回の失敗で10重ねてきたものが全て崩れる可能性はあるので、そこは気をつけないと。とにかく大切なのは『GNO』なんですよ。義理、人情、恩返し。これは幻冬舎の見城さんに教えていただいた言葉ですけど。特に今はSNSが流行ってメール、LINE…そういうものが全盛ですから、余計に人間的なところが一番大事。礼儀・礼節が本当に大切です。立場は上でも、偉そうにしない。もちろん相手が悪いことをしたり、間違えたことをしていたら、叱らなくてはいけないですけど。

――以前の経営者には一匹狼的な印象がありましたが、ライバル視せず横の繋がりがあるのは意外でした。

松村:外食で働く人の地位向上を目指したい。そのために協力してやっていこうという共通の思いがあるからライバルにならないんですよね。ただ、僕は生まれ変わったら飲食はやらないです(笑い)。できればITをやりたい。ピーマン食べられないし、ネギ食べられないし、食べ物も嫌いなものばっかりなんです(笑い)。

【松村厚久(まつむら・あつひさ)】
1967年3月29日生まれ。高知県出身。日本大学理工学部を卒業後、サービス業を極める目的で日拓エンタープライズに入社。95年に退社し独立。日焼けサロンチェーンを展開し、成功を収める。2001年に飲食業界に参入。「外食アワード2007」受賞。2010年、100店舗100業態を達成。飲食業界のタブーに挑み、食とエンタメの融合を成功させ、「フード業界のファンタジスタ」と呼ばれる。2015年、東証第一部上場。

撮影■疋田千里


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1日1時間しか仕事しない作家がこれからの働き方を語った本
爆笑問題事務所社長・太田光代 毎年数千枚以上の年賀状出す
NHK有働アナが仕事、結婚、ワキ汗等について語る初エッセイ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP