ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

深海探索も簡単!?高速移動できる水中ドローンが人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4年前にKickstarterでパイロット版を発表し、話題になった水中ドローン「Trident」。

その最新型「OpenROV Trident」の商品化に向け再び資金調達が始まり、5万ドルの目標金額を大幅に上回る、39万ドルの資金が集まっている。

・深海の宝探しから始まった水中ドローン研究

「OpenROVTrident」は、ROV (遠隔操作探査機)とAUV(自律型水中機)を癒合したユニークなデザインが特徴。

HDカメラを搭載し鮮明な映像を撮影しながら、従来の遠隔操作探査機よりも長く、早く水中を移動できるドローンだ。

元々、北カリフォルニアの海に眠ると噂される財宝探査のために、最初のプロトタイプを開発。

惜しくも財宝は出なかったが、「Trident」の未来に期待する多くの投資家の注目を集めた。

最新型は、水深100mまで移動可能。トップスピード 2 m/sの高速で移動し、ユーザーの思いのままに動く。2.9 kgの小さなボディーで、たっぷり3時間稼働するのも楽しい。

・ソフトウェアをオープンソースで開発

「OpenROV Trident」は、ソフトウェア開発もユニーク。

前バージョンのプロトタイプを使っているユーザーが、独自のコミュニティーを形成し、開発者と一緒になってより良い機能を開発している。

インターネット経由でアップグレード可能で、「OpenROV Trident」を購入した後も様々な機能が追加される予定だ。

Wi-fiを搭載したことで、タブレットやVRヘッドマウントディスプレイでも操作できるようになる予定だ。

海洋研究や、ダイビングの撮影にも使える「OpenROV Trident」。資金調達目標額の7.8倍もの資金が集まり注目されるこのマシンが、日本の海で活躍する日も近いのかもしれない。

OpenROV Trident

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP