ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

部屋の中からお婆ちゃんの楽しそうに笑う声が・・・何を観て笑っているのか?シャマラン監督最新作『ヴィジット』衝撃映像

DATE:
  • ガジェット通信を≫

M・ナイト・シャマラン監督・脚本最新作にして、「シャマラン史上最高のスリラー」の呼び声高い映画『ヴィジット』から、衝撃の映像を独占入手した。

https://youtu.be/lKi8wtxAbZQ

シャマランといえば、『シックス・センス』の衝撃のどんでん返しによって世界を恐怖と感動の渦に巻き込み、その後、『アンブレイカブル』、『サイン』、『ヴィレッジ』で、「予測不能なストーリー」と「驚愕のクライマックス」を描き続けた天才ストーリーテラーとして有名。本作では、『ハプニング』以来7年ぶりに自身のルーツである”スリラー映画”へと原点回帰。『パラノーマル・アクティビティ』や『インシディアス』などの大ヒットホラーシリーズをプロデュースしたジェイソン・ブラムと初タッグを組み、今まで以上に不気味な雰囲気に包まれた世界観となっている。

そんな本作から、9月21日の”敬老の日”を記念して、大声で笑い、楽しそう(?)なおばあちゃんの映像が解禁となった。
カメラ片手に姉・ベッカがおばあちゃんの様子を撮影しに行くシーン。おばあちゃんのいる部屋からは大きな笑い声が聞こえ、お母さんと一緒のテレビ番組を見ているかも、と嬉しそうにベッカがカメラへ語りかける。しかし、部屋を覗くと、椅子に腰掛け笑っているおばあちゃんの先には、テレビも何もなく、あるのは壁だけ…。恐る恐る近づき声を掛けると、心ここに在らずの表情で、「”暗闇さん”がいるの」と謎の一言。なぜ、おばあちゃんは大声で笑っていたのか、そして”暗闇さん”とは一体何なのか…本作の謎がより深まる映像に仕上がっている。

9月11日(金)に全米公開され、週末3日間で2542万7,560ドル(約30億円、1ドル=120円計算)を記録。初日1日で製作費を回収してしまった、シャマラン史上初の大ヒットスタートとなっている。

『ヴィジット』は10月23日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開

■参照リンク
『ヴィジット』公式サイト
http://thevisit.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

M・ナイト・シャマラン監督がやっと復活!映画『ヴィジット』の特別映像が謎が多すぎて分からなすぎる

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP