ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

声優初挑戦の吉田羊「声優はとても尊いお仕事だと思います」 『ここさけ』初日舞台挨拶

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日本中が涙した大ヒットアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)』のスタッフが贈る、劇場版オリジナルアニメーション『心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)』が現在公開中。

初日となった9月19日には、キャストとスタッフが初めて勢揃い。⻑井龍雪監督、脚本の岡田麿里さん、キャラクターデザイン・総作画監督の田中将賀さん、水瀬いのりさん、内山昂輝さん、雨宮天さん、細谷佳正さん、吉田羊さんが舞台挨拶を行いました。


はじめに、初日を迎える事ができた感想を聞かれると、主役の成瀬順役を演じた水瀬さんは「この役を演じられることができてすごく幸せ」と喜びでいっぱいの気持ちで挨拶。「最初は自信がなかったですが、受かることができてとても嬉しかった。 最後まで演じきれたことで自分自身の成長に繋がったと思います」と役柄への想いを語りました。

細谷は「内山さんは一緒に共演したかった人NO.1の方だったので、ご一緒できてワクワクしました」と共演に喜び。続けて「本作のような実写のようなタッチの作品に前から出たかった。携われて嬉しい」とスタッフへ感謝の気持ちを述べました。

順の母親・成瀬泉役を演じた吉田羊さんは「初のアフレコでとても難しかったです。初めての体験だったので 勝手がわからないことだらけ。例えば、監督から本作のDVDを渡され、映像の所々に役名が点滅しているのはなんだろうと不思議に思いながら見ていたら、途中でこれが私のしゃべるところなのかと、気づきとても驚きました(笑)」と会場の笑いを誘う一幕も。

また、役者と声優の違いについて聞かれると吉田さんは「お芝居は足し算、声優は引き算だと思いました。“吉田羊”の声ではなく、“成瀬泉”の声になるように演じました。声だけで演じるというのは、とても尊いお仕事だと思います」と声優陣に敬意の気持ちを伝えると、声優陣もまた「ありがとうございます!」と答え、互いを尊敬しあう様子が伺えました。吉田さんの演技について聞かれた監督は、「初アフレコとは思えないくらいとてもお上手でした。女優さんはさすがだなと思いました」と大絶賛。

最後に、スタッフ&キャスト陣から、今“心から叫びたい事”を発表。それぞれ、「時間が欲しい!!」 (長井)、「キンチョー!!」(岡田)、「無事に完成してよかった!!」(田中)、「1日36時間!!」 (吉田)、「順 大好きだよ!!」(水瀬)、「なぜこのタイトル?!」(内山)、「お願い大ヒットして!」(細谷)、「新しいマットレスが欲しい!!」(雨宮)とボードでそれぞれ披露。

雨宮の唐突な“叫び”に、長井が「この映画がウルトラ大ヒットしたら、2、3枚買ってあげる」と 笑いながら応じていました。最後は監督から「こうして、この場に立つことが信じられないぐらい、嬉しさで心がいっぱいです。本 日は本当にありがとうございます」と感謝のコメント。観客からは暖かい拍手が贈られ、舞台挨拶は終了しました。

【関連記事】『心が叫びたがってるんだ。』主演・水瀬いのりインタビュー「自分の気持ちはちゃんと伝えなきゃ」
http://otajo.jp/50937

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP