ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年のラッキーモチーフは「星」!星型のパワースポット 3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年は開運アイテムとして「星」に注目が集まっている。そこで今回はプロのリサーチャーさんに、恋愛のジンクスがある星型のパワースポット3つを調査してもらった。

北海道函館市の「五稜郭タワー」


函館のランドマークでもある高さ107mの五稜郭タワーは、展望台から日本初の洋式城郭である特別史跡・五稜郭を眼下に眺望することができる観光施設だ。そして、この五稜郭は上から見てみると、とても美しい星型をしている。これは、当時のヨーロッパなどで発達していた西洋型の城郭に習ったものだそうで、星形城郭、または稜堡式城郭(りょうほしきじょうかく)と呼ばれていたらしい。この五稜郭の星型が密かなパワースポットとして注目を集めているようだ。

愛媛県今治市の「星の浦海浜公園」


「昔、このあたりに星の神(隕石)が天降った」との伝説から、この地域は“星の浦”と名づけられた海岸だそうだ。美しい砂浜が続く遠浅の海岸で、近くには星の神様(隕石)が祭られた「星神社」もあるらしい。そして、「星の浦海浜公園」の入り口には、「空から星が降ってきた」というテーマの、上から見ると星型に見えるピラミッド状のモニュメントがある。まさに星の神様が宿る星型のパワースポットだ。

熊本県芦北町の「星の里広場」


平成11年に、環境庁による「全国星空継続観察」において、芦北町田浦は「星空がキレイに見える町」として日本一の座に輝いた。春夏秋冬と四季折々の色々な星座群を見ることができる、絶好の天体観測スポットであるようだ。このことに由来して、「星の里広場」には、 まるで星が空から降ってきたかのようなモニュメントが配置されている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP