ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男がゲンナリする女の口癖~男がバカにされていると感じる一言~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バリバリ働いて出世する女性が増えています。上司が女性だったり、主夫になる男性も近年では珍しくありません。とはいえ、男性は女性に立ててもらいたい生き物。ちょっとしたフレーズでその男性の願望が崩れ落ちる事も少なくないのです。そこで、今回は男性がバカにされていると感じてしまうフレーズ『私がやった方が早いかも』を紹介したいと思います。

文句を言われているような感覚に陥る


男性がスムーズに仕事をできていない時に思わず言ってしまうのが、この『私がやった方が早いかも』というフレーズではないでしょうか。文句を言っているわけではなくても、男性はそう捉えてしまいます。「あなたじゃ無理でしょ」、「男のくせにこんなこともできないの」と、男性の頭の中で変換されてしまう危険なフレーズなのです。

言ってはいけないタイミング


『私がやった方が早いかも』というフレーズを特に言ってはいけないタイミングが、一般的に男性の方が得意とされる分野です。具体例をあげると、車の運転や電気製品の配線、力仕事などがそれにあたります。どんなに作業が遅くてもこのフレーズは飲み込んで、男性に花を持たせてあげて下さい。それができるか否かで今後の彼との関係が変わってくるのです。

興味を持っているかのように振る舞うのがベター


どうしても見ていられない場合は、『私がやった方が早いかも』というのではなく、あたかもアナタが興味を持っているかのようなフレーズを使いましょう。例えば、「私もやってみたい」とか「私にもやらせて」と言うのがベストです。もしかしたら、男性も内心は助けてほしいと思っているのかもしれないので、男性の自尊心を傷つけないように言うのがポイントです。

 

男性の立場を奪ってしまうような言動をしてしまうと、間違いなく嫌われ、「デリカシーのない女」という烙印を押される危険性も秘めています。アナタの方が仕事ができたとしても、一歩下がってあげるのがいいでしょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP