ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国宝として認められるものは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 次のうち、法律上「国宝」として認められる可能性のないものはどちらでしょうか?

(1)能楽
(2)ガラス細工

A.

正解(1)能楽

 国宝については、文化財保護法において詳細な規定があります。
 その27条1項で「文部科学大臣は、有形文化財のうち重要なものを重要文化財に指定することができる」とあり、さらに同2項で、「文部科学大臣は、重要文化財のうち世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるものを国宝に指定することができる」とあります。

 つまり、国宝は「有形」な文化財であるという前提が必要になっており、能楽などのカタチをもたない文化財は「無形文化財(あるいは重要無形文化財)」にとどまり、国宝に指定されることはありません。

 ちなみに、一般に「人間国宝」と呼ばれているのは、文化財保護法71条2条に定める重要無形文化財の保持者のことで、法律上の国宝ではありません。

元記事

国宝として認められるものは?

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP