ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小籔千豊 X’masやハロウィンより敬老の日に熱くなってほしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イキる、とは調子に乗る、勢いづく、威張る、偉そうにするなどの意味。吉本新喜劇・座長の小籔千豊(こやぶ・かずとよ)は「イキる奴」が嫌いだという。小籔が高齢者について語る。

 * * *
 9月と言えば、敬老の日があります。この日は、おじいちゃんやおばあちゃんとか目上の人を敬い感謝する日ですよね。

 僕が小学生の時におじいは死にましたけど、大正生まれのおばあは幸いまだ生きています。ただ、もうリーチかかっているからせめても、ってわけじゃないですけど、ちょっと時間が空いたときや地方ロケに行ったときは、デパ地下や土産物屋で食べ物なんかを買って贈り倒すようにはしてます。

 なんでそうするようになったかというと、若い頃、僕は借金まみれなのに高い飯を食いに行ったり、パチンコや競馬ばっかりして、オカンにも何もせんかった。それこそ甘いもんひとつ持って行くことも。

 当時、居酒屋でたまたま会うたおっちゃんらから「親孝行しとけよ」なんてよう言われてました。「親孝行したい時に親はなし」「いつまでもあると思うな親と金」なんて言葉は知ってたけど、それでも僕は全然親孝行しなかった。

 自分が結婚して3年目くらいでオカンが死んだんですけど、その頃僕は貧乏で何もできず、ほんま自分はアホやなと思ったんです。「あれだけ言われてたのに、せえへんってどういうことやねん、自分」って弱っていく母親を見てすごく後悔しました。

 僕も結婚して子ども産まれて親が死んで、新喜劇の座長になって、「先人に感謝を」みたいな気持ちが昔より強くなりました。おじいやおばあ、親はもちろん、新喜劇の先輩たちなどの先人たちが頑張ってくれたから、今の僕があるし、おかげで僕の子どもたちも大きくなれたわけで。

 ぜひみなさんも親がご存命なら「今のうち親孝行しとけよ」と言いたいんですが、僕もそうだったように他人からいきなり言われても、まあ聞けへんと思うんですよ。だから僕からは、

「僕は『親孝行しとけよ』と言われたけど、せえへんかってめっちゃ後悔したからしときや」

 と言わせてもらいます。それは親を喜ばすためだけじゃなくて、「親が死ぬときに孝行できなかったことで、自分が後でヘコまへんようにしたほうがいい」というためでもあるんです。

 少し話変わりますけど、人を見るときに心の中で勝手に点数みたいなものつけているとしたら、「この人はいい人だからプラス3点」、「日本のために頑張ってそうだからプラス8点」、「神社仏閣にいろいろ寄付をしている、プラス5点」、「でもすごく悪いことをした、マイナス85点」ってなりますよね。

 ということなら「自分より年上だ」、「物事を知っている」、「この人らのおかげで今の日本がある」と、年寄りというだけでプラス20点にして見るべきです。自分も含めて誰もがおじいちゃんおばあちゃんになるんやから、大切にしてあげたいですね。それでおじいちゃんやおばあちゃんと、それ以外の若い人との基礎点を20点くらい差をつけるような日本になったらいいと思います。

 この先、クリスマスやハロウィンとかの催しがあって、マスコミや企業とかも盛り上げようとします。だったら、おじいちゃんやおばあちゃんの日にも、もうちょっと熱くなってほしいですね。

 それこそレゲエとかヒップホップとか、ミスチルさんや西野カナさんとかが、おじいちゃんやおばあちゃんの歌をいっぱい歌ってくれたらいいと思います。おじいちゃんに会いたくて会いたくて震えちゃうような、ええ感じの歌を。

※SAPIO2015年10月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
57歳男性 「千歳飴ちょうだい」と頼むが断られてブチ切れる
仲人好き80男 24歳女に50歳男との見合い紹介し大顰蹙
年の差婚増加で幼稚園では「祖父と思ってもお父さんと呼べ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP