ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内山信二 仕事激減期、相撲部屋入門考え見学行ったことも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 おいしそうに料理を頬張る食べっぷりが気持ちいい、デブタレントとして知られる内山信二(33才)。子役デビューから順風満帆なのかと思いきや、仕事がない時代もあったという。そんな内山を救ったのは、デブタレ仲間だった――低迷期やデブタレとの交流関係について内山に聞いた。

――子役の頃とお顔が変わらない印象ですが、今や“デブタレ四天王”と呼ばれて、貫禄たっぷりですね。

内山:もうすぐ34才なんですけど、商店街のロケなどで休憩中に煙草を吸っていると、おばあちゃんに注意されます(笑い)。四天王と呼ばれるのは、石塚(英彦)さん、伊集院(光)さん、松村(邦洋)さんたちに並べて嬉しいし、光栄です。特に一番ぼくが悩んでいた時に助けてくれたのがこの3人で、(明石家)さんまさんももちろんですが、ぼくの芸能界の中ではキーマンたちなんです。

 ぼくは16才くらいの時に、まったく仕事がなくなったんです。『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)が14才くらいで終わって、そこから1年くらいはなんとなく呼ばれていたんですけど、16才から19才くらいまで、殆ど仕事がなかったんですよ。さんまさんの舞台くらいでしたね。

――なぜ仕事がなくなったんですか?

内山:我々子役界ではよく言われる、“子役氷河期”ってやつで、使いづらい時期なんです。あのかわいかった子たちが大人になって、ニキビ面になったり、男の子から男性に成長していく時だから、すごく使いづらいんだと思います。

――坂上忍さんだろうと安達祐実さんだろうと、子役は通る道?

内山:たぶん、子役は多かれ少なかれ、通ってると思います。

――内山さんは仕事のない3年間、何をしていたんですか?

内山:アルバイトです。ガソリンスタンドとか、引っ越し屋さんとか。たまたまテレビ関係者の家の引っ越しをした時は、ぼくだってすぐに気づかれたので、気まずかったですね(笑い)。そんな状態で、16才くらいの時に悩んでたんですよね。芸能界を辞めようかとか。

 その時、ちょうど元大関・霧島さんが部屋を作ったばかりで、霧島さんと仲が良かった村上ショージさんに「新弟子がいないから、お前行ったらどうや」と言われて。さんまさんにも、「俺が後援会長をやってやる。だめでも飯は食わせてやるから、しこ名は“あっぱれ山”でいけ」って言われて(笑い)。それで、とある相撲部屋に見学に行ったんですけど、稽古がすごかったんですね。これはできないなと思って。

――本気で芸能界引退を考えていたんですね。

内山:そんな時に仕事をもらったのが、松村さんの半生を紹介する特番で、松村さんの幼少期をぼくが演じたんです。この役は、松村さんがぼくを指名してくれたんです。松村さんは出番がないんですけど、現場に来てくれて。本当はこっちからお礼を言わなきゃいけないんですけど、松村さんから「内山君ありがとうね。大変だと思うけど頑張ってね」と言われたのが、すごく思い出に残っていて。それで、この世界にいたいなと思って、残ることにしたんです。

――松村さんがいなかったら、相撲部屋にいたかもしれない?

内山:そうですね。仕事がほとんどない16才から19才のころに、松村さん、石塚さん、伊集院さんが、すごく仕事をくれたんです。伊集院さんが監督のVシネマに呼んでもらったり、石塚さんも色んな番組でぼくの名前を出してくれて。名前を出すと、下にワイプが出るんですね。すると仕事はないんだけど、出てる感じがするし。

 19才の頃にどうしようかなと思っていたら、『元祖!でぶや』(テレビ東京系)がゴールデンで始まって、石塚さんがゲストで呼んでくれるようになって、そこからテレビに戻れたんですよね。だから、太っていて良かったなって。

――痩せようと思ったことはありませんか?

内山:ないですね。デブのほうがおいしいです。何をやっても頑張っているように見られるし。小学校5年生のマラソン大会でもそう思いました。細い子は一生懸命走っても「頑張れ」とか「もっと早く走れ」と先生に言われるじゃないですか。ぼくは一番最後にゴールした時に、学校中がスタンディングオベーションで迎えてくれましたからね。デブっておいしいなって思いました(笑い)。

――健康面は大丈夫ですか?

内山:糖尿病の気はありますけど、なってはいないです。25才の全盛期は136kgまでいったんですけど、今は100kgまで落としました。136kgのときには、寝返りで捻挫して、これは人としてダメだなと思って。石塚さんが、「個人差で限界が80kgの人がいれば、300kgの人もいるけど、人は限界を迎えると体からピーピー音が鳴る」と言っていたんです。

 そんな馬鹿なことあるのかなと思っていたんですけど、136kgの時に歩いているだけで、どこからともなく“ピーピー”と音が鳴るんですよ。鼻息が漏れてるのか、なんなのかわからないんですけど、誰かが笛を鳴らしてるのかなと思うくらいピーピー鳴っていて、「限界を迎えた時に鳴る音って、これか」って思いました。

――デブタレさんって仲がいいイメージがあるんですけど、交流はありますか?

内山:ぼくらが神様と崇めているウガンダさんの命日に、『カレーを飲む会』で集まったり、あと『肉の会』といって、毎月29日に集まろうという会もあります。今はなかなか集まれなくなってきたんですけど、肉が好きなデブタレが集まります。昨年末は忘年会も兼ねて、彦摩呂さんの家に集まって、彦摩呂さんが料理をふるまってくれたんです。

 石塚さんが「若手のデブがわからないんだよな」と言っていて、これはぼくが若手のデブをまとめなきゃいけないなと思って。それで、ザ・たっちとか、安田大サーカスのHIRO君とか、タイムマシーン3号の関ちゃんとか、若いメンバーで『肉の会』を始めたんです。でもそのうち、石塚さんや松村さんたちも呼ぶようになりました。

 彦摩呂さんの家に集まった日は、豚しゃぶやローストビーフなど、肉だけでも10kgくらいありましたけど、ほぼ完食してます。7人いたので、肉だけでひとり、1.4kgくらい食べてますね。他に富士山みたいな五目ちらしとか、いっぱいあったのに(笑い)。

【内山信二】
1981年9月25日生まれ。東京出身。6才で『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)に出演し、人気を博す。 7年4か月の長期間レギュラーを経て、お笑いタレントになる。伊集院光、石塚英彦、松村邦洋らとともに”デブタレ四天王”と呼ばれる。バラエティー番組をはじめ、テレビ、CMなどで活躍中。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
芋洗坂係長 デブタレの会で毎年、「カレーは飲み物」を実践
垂れない「美胸」を作るには1日納豆1パックが効果的
高須院長 恋人の西原理恵子さんには整形も脂肪吸引も許さず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP