ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中村雅俊 アドリブ多かった松田優作との共演体験を回顧する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アドリブ芝居の多かった松田優作と共演して“表現すること”の難しさを知ったという中村雅俊。その後もさまざまな監督とともに仕事をするなかで、「芝居にはいろんな表現がある」ことを学んできたという。その中村が語った言葉を、映画史・時代劇研究家である春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 中村雅俊は1975年に日本テレビの刑事ドラマ『俺たちの勲章』に出演する。これはデビュー作『われら青春!』に続く岡田晋吉プロデューサーの作品で、相棒の刑事役は松田優作が演じた。

「岡田さんが言うには『これは刑事ものではなくて青春ものだ』ということでした。『ただ事件を解決して良かったというのではなく、そのプロセスの中で若者二人が何を感じてどう挫折するのかを描きたい』と。それで鎌田敏夫さんが脚本を書いた。
 
 松田さんは文学座の十二期で、俺は十三期。マネージャーも一緒で、どちらも岡田さんの作品で世に出たというのも含め、共通項は多かったんですよ。それで現場では和気あいあいとやっていたのですが、いざ本番になるといい緊張感がありました。

 あの人は凄く芝居のバリエーションのある方で、アドリブの芝居が多かった。台本と全く別のことを喋ってきたりしてね。ですから、ただセリフを覚えるのではなく、松田さんのアドリブに対して答えがいくつもある中から選んで芝居をしていくというね。
 
 こちらも若造でしたから『台本通りはカッコ悪い』と思って、そういうのを良しとしていました。ただ、アドリブの芝居というのはその場でいいと思っても、冷静に考えると台本通りのほうが良かったということもあるんですよね。
 
 ゲストで来た先輩の俳優さんに『お前ら、台本通りにやれ!』と怒られたことも随分とありました。ですから、表現するということの難しさというのをこの時に初めて知ったように思えます」

『俺たちの勲章』は澤田幸弘、出目昌信、降旗康男、斎藤光正ら、錚々たる監督たちが各話を担当している。

「澤田さんがパイロット(第一話)をやったんですが、その段階ではまだ試行錯誤でしたので、こちらも役を極端に演じていました。それに対して澤田さんも即座にいろんなことを考えてアイディアを出してきて、そこから『これだ』というのを選ぶ。その判断力が凄かった。なるほど、と思ったのは出目さんの演出です。オーソドックスなんです。小細工しないでちゃんと撮る。その王道こそが実は無敵なんだと思い知らされました。

 それから、なんといっても斎藤光正さんです。『こうやれ』と指示する監督ではなくて、『こいつは笑顔はいいけど、怒った顔はよくない』とか、観察力が鋭い人で。『シュン、お前、普段ああやってるだろ。そのままでいいんだ』と言ってくる。

 芝居にはいろんな表現があるということを感じさせられました。『われら青春!』の時は先生役でしたから、一つのイメージというか、型にはめた感じで演じていればいいというのがあった。でも、『勲章』は何でもありでした。そうなると今度は自分自身が出てしまう怖さもあるし、『哀しい時は泣けばいい』というような『1+1=2』ということでもない。
 
 一年弱という短い期間でしたが文学座でやってきて、自分でも『芝居とはこういうもの』というのがありましたが、そういったファンダメンタルなこととはまた違った表現というのは凄く大変だと思いましたね」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社刊)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館刊)が発売中。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
87歳現役紙芝居師 「サラリーマンより収入多かった」時期も
田村亮が着物姿時の所作の美しさに心を奪われた共演女優とは
臨時国会の1日あたり費用 議員1人で20万円、合計4億円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。