ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妻夫木聡 高級ホテルバーで葉巻を手にカフェオレ飲み台本読む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年5月のカンヌ国際映画祭で、台湾の巨匠、ホウ・シャオシェンが最優秀監督賞を受賞した『黒衣の刺客』。来年のアカデミー賞外国語映画賞に出品されることも決まり、注目を集めている。

 9月12日の日本公開を控えたとある日、同映画に出演している妻夫木聡(34才)を都内の高級ホテルのバーで目撃した。クラシックなソファやテーブルが置かれた店内奥にあるカウンターにひとりで腰掛けていた妻夫木。右手にペンを持ち、分厚い台本を1ページ、1ページゆっくりめくっていた。

「カフェオレを飲みながら真剣に台本を読んでいました。時折太い葉巻をくゆらせていたんですが、ほんっとうに渋くてかっこよかったです」(居合わせた人)

 妻夫木は1時間ほどでバーを後にすると自宅へまっすぐ帰宅した。自分を抑え、引き受けた台本の人物になりきり、言葉を巧みに操る俳優。中には、複数の作品の台本を同時に読み分ける強者もいる。

 ここ数年、『黒衣~』を含め、海外を視野に入れた活躍をしている妻夫木は、葉巻をくゆらせながら台本読みをしていたわけだが、他の人はどうなのか?

 例えば来年の大河ドラマ『真田丸』(NHK)で主演を務める堺雅人(41才)はこうだ。

「喫茶店でせりふを言いながら覚え、喫茶店を出て散歩しながら確認し、間違った場合はまた喫茶店で覚え直す、ということを繰り返しているそうですよ」(テレビ局関係者)

 映画『天空の蜂』に出演している江口洋介(47才)は、子供が小さいときは一緒にいる時間を大切にしたかったから《子どもが宿題をやるのも、自分がセリフを覚えるのも、リビングに集まってやっていた》(『BAILA9月号』)という。

 一方、北川景子(29才)をはじめ女優の多くは、お風呂に入りながら台本を覚えるというのが定番なんだそう。

※女性セブン2015年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『悪人』妻夫木聡 少年時代は“キンケシ”集め夢中でモテず
金子哲雄 スタバ系カフェからの揺り戻しで純喫茶見直し指摘
巷に増殖中の「ことな」ファッション 妻夫木聡、三浦春馬も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP