ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人ファン SB松田、内川、摂津の獲得にも自信をにじませる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつての清原和博も含め、球界では多くの選手が「巨人愛」を語った。だからこそ、巨人ファンは「プロ野球選手はいつかは巨人でプレーしたいはず」という思いを抱いている。巨人ファンに話を聞くとヤクルト・山田哲人やソフトバンク・柳田悠岐までもがいつかは巨人に入るはずだ、と信じている人もいた。

 そして、数年先より目先の算段。今オフにも現実のものとなりそうな移籍リストとなると、さらに自信をにじませる。そのターゲットとなるのは、今季パ・リーグでダントツの強さを見せるソフトバンク勢だ。

●松田宣浩(32・ソフトバンク)

 今年のFAの目玉。巨人の獲得参戦で2億2000万円(推定)の年俸が跳ね上がることが予想される。

「来季の巨人はサードの村田修一をファーストに回して阿部と競争をさせる方針。サードにはルーキー・岡本和真がいるが、彼はまだ守備が不安。それに育てる気なら今年から村田を外して起用したはず。松田の移籍を意識していることは間違いない」(スポーツ紙デスク)

 ファンも松田を歓迎する。「ホークスの4番が巨人に移籍するのは小久保(裕紀)の例がある。小久保が巨人に来たのも同じ33歳だった」とか、「代わりに村田を福岡に返してあげよう(村田は福岡出身)」

 と、もう獲った気でいる。

●内川聖一(33・ソフトバンク)

 SBにはまだ目玉がいる。最強の右打者との評判が高い内川だ。横浜からFA宣言した2010年時、実は巨人入り濃厚といわれていた。

「フジテレビのアナウンサーだった奥さんの影響もあって、在京志向が強いとされていた。ただ巨人は手を挙げなかった。当時、同じポジションに小笠原(道大)やラミレスといった戦力がいたからです」(前出・デスク)

 だが状況は変わった。

「ここで声をかければ動くのではないか」──ファンは勝手な自信を覗かせる。

●攝津正(33・ソフトバンク)

 今季、巨人は投手陣がチームを支え、なんとか上位に踏みとどまっている。だがこれは外国人と新人の活躍があった「結果オーライ」でしかない。当然、投手の補強が必要となる。

 その点、今季FA権を取得する見込みの攝津は、4年連続2桁勝利と実績十分。しかも巨人にとっては追い風が吹いている。

「成績が下降気味のため、単年契約しか結んでもらっていない。本人は非常に不満らしい。カネで勝負できるのは強み」(球界関係者)

 そして理解者の存在。

「攝津は球界きっての釣り好きだが、巨人には同じく釣りを趣味とし、ホークスの先輩でもある杉内がいる。以前テレビ番組で共演した際、杉内が“魚は攝津を知らない。だから真剣勝負ができる”などと語り、攝津が同意するという、凡人には理解できない意気投合ぶりを見せていた」(同前)

 再びホークスのエース獲得となるか。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人ファンの間で「オープン戦3位の呪い」ジンクス囁かれ中
巨人ファンのヨネスケ氏「巨人に勝つにはセもDHにしたら?」
「我が阪神タイガースは贔屓目に見ても最下位か」と江坂彰氏

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP