ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本上陸Netflixの自社製作動画は表現規制少なくレベルが高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 誰もが知る人気映画監督が参入、次々とハイクオリティーの作品が生まれ、さらにNetflix(ネットフリックス)の上陸で黄金時代を迎えている海外ドラマ界。

 日本で9月2日にサービス開始となったNetflixをご存じだろうか?

 全世界に6200万人以上の会員数を誇るアメリカ発の動画配信サービスで、既存の映画やドラマだけでなく、自社製作のオリジナルコンテンツも満載。日本ではフジテレビが『テラスハウス』の新作をNetflixで製作・配信することで話題になった。

 映画ライターのよしひろまさみちさんはこう話す。

「Netflixの自社製作はスポンサーがいないのでCMがなく、表現の規制が少ない。クリエーターが好きなだけ力を発揮した作品が多いです」(よしひろさん、以下「」内同)

 最大の強みは、世界中の会員から集めた視聴データを分析し、顧客の好きそうな作品をホーム画面上に表示する「リコメンド機能」だ。

「わざわざ検索しなくても自分に合ったドラマが次々見つかり、ハマる人が続出しています。日本のサービスでは4Kテレビに対応。映像にこだわりがあるファンにもおすすめです。

 しかも月額利用料650円(ベーシックの場合)ですべてのコンテンツが見放題! DVDを借りに行って、見て、返却して…という手間もなく、見れば見るほどリーズナブルになるというわけだ。

 海外ドラマは何本も続くし、お金もかかる…そう思っていたあなた、今こそスタートラインに立つ絶好の機会なのだ。

 それにしても今、こんなにも海外ドラマがアツいのはなぜか。よしひろさんは、「コンテンツの充実」がメインの理由と言う。

「日本のドラマはワンクール3か月で8~10話完結が一般的ですが、海外ドラマは面白ければどんどんシーズンが続く一方、つまらなければ即打ち切りです。激しい競争でクオリティーが高くなり、どのドラマもとても面白く、一度見たらやめられないものばかりです」

 とかく面白い作品にはお金がかかるものだが、ドラマにかける製作費が海外は日本と比べてケタ違いだ。

「とくにアメリカはエンターテインメント性を高めるため、ドラマ製作に莫大な費用を投じます」

 Netflixだけじゃなく、Huluなど、ネット配信を行うサービスはいずれも1万本以上の動画配信本数を誇るが、利用料はすべて、数百~2000円未満の月額定額制。加えてスマホなど視聴デバイスの多様化も好調の要因だ。

※女性セブン2015年10月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌
同設定ドラマ増加理由 “海外で流行”といえば企画通るから
昼ドラがオンデマンドで視聴可能に 『吾輩は主婦である』等

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。