ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最高のスタートをきるために、「休日の夜」にするべき3つのコト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰しもが少し憂鬱な気持ちになる日曜の夜。どうせなら、抱えている不安をクリアにした状態で、月曜日を迎えたいですよね。
そんな時にオススメの「不安解消法」がこの記事で紹介されています。今回取り上げたのは“プライベートな悩み”ばかりですが、もちろんビジネスのものにも応用可。30分もあれば充分なので、ストレスフリーな1週間を過ごすためにも、早速トライしてみて!

01.
現在の悩みを
紙にすべて書き出す!

とにかく、紙にすべて書き出します。誰かに愚痴っているわけではありませんから、どんな書き方でも構いません。例えば、

・読もうと思っている本がまったく読めていない。
・娘が私のことを嫌っているかもしれない。
・息子が希望の大学に受からなかったらどうしよう。もし受からずに、人生が終わったと落ち込んだらどうすればいい?

02.
悩みに対して
“どうしたいか”を自分に問う

・本を1章は読み進めたい?
・娘にもう少し優しくしたい?
・息子の進学のことは心配したくない?

03.
その答えを
具体的な行動に落とし込む

ここでのポイントは、無理せず、1週間でできるレベルのことのみを書くようにすることです。

・読書のための時間を、毎日2時間は確保。家族に邪魔されないよう、リビングのカレンダーに具体的な日時を記入する。
・年頃の娘を育てるコツが書いてある本を読む。
・「大学で将来は決まらない」という内容の本を探し、息子に読ませる。どんな大学に入ったとしても、あなたは立派だから心配ないということを手紙に書いて封筒に入れ、息子の枕元に置く。

これで不安とはサヨナラ!

大切なのは、抱えている不安に対して自分が何が出来るかを知り、行動に移すこと。やろう!と決めた行動リストだけを、視界に入る場所に置くようにしましょう。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

3つ当てはまったら要注意!自分をダメにする「17の習慣」
金縛りに関する「9つの事実」。誰にでも起こる可能性アリ
世界の有名CEOが語る、心動かす25の名言。「決断する前に、読んで欲しい」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP