ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

うみのて、クリスマス・イブのワンマンで活動完結へ ラスト・ツアーも開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

うみのて、クリスマス・イブのワンマンで活動完結へ ラスト・ツアーも開催

5人組ロック・バンド、うみのてが12月24日に東京・渋谷WWWで行われるワンマン・ライヴをもって活動完結することを発表した。

うみのては2010年に結成され、約5年間活動。インターネット上にアップした数多くのライヴ動画が話題になり、〈SUMMER SONIC〉やASIAN KUNG-FU GENERATION主催〈NANO-MUGEN CIRCUIT〉をはじめとした大型イベントにも出演するなど、注目を集めていた。

メンバーの「うみのてをやり切った」という意見のもと、「解散」ではなく、あえて「完結」という結論に至ったとのこと。笹口騒音(Vo、Gt)は2ndアルバム『21st CENTURY SOUNDTRACK』、「恋に至る病」のMV制作を経て、「到達点に達したと感じると同時に、これ以上はないだろうという思いに至りました」と語っている。

11月27日の大阪・梅田ハードレインを皮切りにラスト・ツアーを開催。渋谷WWWまで計5本のライヴが決定している。(前田将博)

■うみのて活動完結のお知らせ
突然のお知らせで申し訳ありません。
この度うみのては12/24渋谷WWWでのワンマンを持ちまして、活動を完結します。
2ndアルバム発表後、メンバーで話し合いうみのてをやり切ったという結論に至り、
解散ではなく完結という形になりました。

今まで多大なご協力、ご声援、本当にありがとうございました!
是非残りのライブご都合あいましたら観に来てやってください!

また各メンバーの今後の活動にご期待ください!

■笹口騒音(Vo.Gt)コメント
うみのては完結します。結成から約5年間、うみのてが発表した2枚のフルアルバム、1枚のミニアルバム、1枚のシングル、5本のMV、たくさんのライブ映像、そして今までとこれからの残りのライブがうみのてのすべてです。

続いていくバンドもあれば、終わっていくバンドもありますが、うみのてをやり切ったというメンバーの意見の一致により「解散」ではなく、「完結」という言葉があっているだろうという結論に至りました。

自分にとってうみのては実験でした。それは言葉の実験であり、自分の音楽をうみのてという5人組バンドでどこまで広げていけるかという実験でした。

DECKREC、UK PROJECTといったレーベルの方々、A.S.Eさん、道下慎介さん、中村宗一郎さんをはじめとした録音エンジニアの方々、竹内道宏監督、二宮ユーキ氏はじめ、SPOTTED PRODUCTIONS、めのん!の映像関係の方々の力をかりて、音源制作はもちろんCDや物販のデザイン、MVやライブなどもすべてメンバー皆で話し合いながら作っていきました。

2ndアルバム『21st CENTURY SOUNDTRACK』、そして『恋に至る病』のMVを作り終えて、その実験は到達点に達したと感じると同時に、これ以上はないだろうという思いに至りました。

うみのては元々大学の同級生や近所の友だち関係でできたようなバンドでした。それがたくさんの人の協力や応援のおかげでここまでこれたことを誇りに思っていますし、メンバー、そして応援してくれた皆さんに本当に心から感謝しています。
うみのては完結しますが、これからのメンバーの活動を是非みていってやってください!
笹口はひたすら自分の音楽をやり続ける所存であります!

そして、うみのてが残した音源、MV、ライブ映像を是非末永く聴いて観てやってください。
手前味噌ですが、あまり売れはしなかったかもしれないけど21世紀の近未来SFロックバンドとして最重要バンドのひとつですよ!未聴の方はとにかくまず2枚のアルバムを聴いてくださいね!

では長くなってしまいましたが、うみのてとしては残りわずかではありますがライブ会場でお会いしましょう!

■高野京介(Gt)コメント
裏事情も怨恨もないです。
残る全部のライブ、いつもどおり、全力で演奏するだけです。

■早瀬雅之(Ba)コメント
突然の発表になりましてすみません。残り3ヶ月ほどの活動ですが楽しみなイベントが沢山ひかえています。今までありがとうございました。そして最後までどうぞよろしくお願いします。

■キクイマホ (Dr)コメント
アコースティックにパーカッションの入った音楽がやりたくて、笹口になんとなくスタジオ入ろうよーって話しをしたら、ピアノを弾いてほしかった高野くんはギターを持ってくるし、いつの間にかベースがいるし、鉄琴が入るし、あれ?あれれ?という間に気付いたら五年経っていました。
沢山のバンドに出会えたり、沢山の縁をくれたり、沢山の場所に連れてってくれたうみのてに、ありがとうという気持ちでいっぱいです。
偶発的に集まったメンバーだけど、このメンバーじゃなければきっとこんなに楽しくなかった。
やれることをやり切ったので、もう終わりにします。
関わってくれた全ての皆さんに感謝を申し上げます。
ありがとうありがとうありがとう

■円庭鈴子 (Key,Cho)コメント
まだ私がうみのてメンバーでないときに、うみのてが宇宙で一番好きなバンドだよって伝えたことがあります。そのバンドが続いてほしくて今度はメンバーになりました。最初は本当に、自分の無力さに情けないことのほうが多かったです。それから、アルバム制作の時間やそこで起きた奇跡のような音が、ライブを重ね心開いて音楽になって一体となれた感覚が、どんどん宝物になってゆきました。好きになってくれる人、応援してくれる人たちと呼応しながら、楽しいこといっぱいやってこれました。本当にありがとうございます!
うみのては、笹口の生み出す音楽に対し、これがうみのてだ、というアレンジで答えてきました。
だけど音楽自身はとても自由です。音楽は太陽と同じでいろんなエネルギーに変わって雨を降らせたり家を建てたりできる。いろんなことが起きて、できることが増えてゆくのがしあわせだと思います。そんなわけで、うみのては今年中で役目を果たし、新たな音楽へと続いてゆく所存でございます。
だけど、私はうみのてでライブすることがいつでも好きなのです。寂しいですが、最後のライブまでが私たちですので、ぜひたくさんの人、見にきてください。どうぞよろしくお願いします!!

〈うみのてラストツアー「UMINOTE LAST TRAIN」〉
・11月27日(金)大阪・梅田 ハードレイン
「UMINOTE LAST ONEMAN at Osaka」
・11月28日(土)京都・VOX HALL
「UMINOTE LAST TRAIN guest:◯◯、◯◯」
・12月11日(金)宮城・仙台 FLYNG SUN
「UMINOTE LAST TRAIN ツーマン!vsソンソン弁当箱」
・12月17日(木)愛知・名古屋 ロックンロール
「UMINOTE LAST TRAIN guest:鈴木美貴子ズ」
・12月24日(木)東京・渋谷 WWW
「UMINOTE LAST ONEMAN」

・うみのて『21st CENTURY SOUNDTRACK』リリース&インタビュー(OTOTOY特集ページ)
http://ototoy.jp/feature/2015052005

・うみのて オフィシャルサイト
http://uminote.blogspot.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。