体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】

井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】

1972年に公開された、フランシス・フォード・コッポラ監督による映画『ゴッドファーザー』。マーロン・ブランドやアル・パチーノら名優が多数出演し、公開されるや当時の興行記録を塗り替える大ヒットとなった。同年度のアカデミー賞で作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞した『ゴッドファーザー』だが、中でも印象に残るのは「ゴッドファーザー 愛のテーマ」に代表されるイタリア映画音楽の巨匠、ニーノ・ロータによる哀愁感漂う音楽の数々だろう。

そんな名作がこのたび、デジタル・リマスター版の大迫力の最新映像と、シンフォニー・オーケストラの生演奏によるニーノ・ロータの映画音楽という、夢のコラボレーション『ゴッドファーザー・シネマコンサート』として復活。2015年10月3日(土)に、東京国際フォーラムで上演されることが決定。

全世界で話題沸騰の『シネマコンサート』のアジア圏初上陸、しかも『ゴッドファーザー』ということで、ここはやはり、日本で最もこの映画を愛している人物、井筒和幸監督にお話を伺うことになった!

しかし、編集部が取材現場に到着するや「やっぱりフィルムで撮らないとダメなんだよ」「粒数が違うんだよ、画面の細かさが!」と、関係者に映画論をアツく語っていた井筒監督。そんな状況に尻込みしながらも、ビビりながらインタビューを開始したところ、監督はすぐさま『ゴッドファーザー』モードに・・・

Q:井筒監督は『ゴッドファーザー』を1972年の劇場公開時に鑑賞されたそうですが、その時の興奮をお聞かせいただけますか?

井筒:そらあ、もう席立てなかったよ、ドーン!!って衝撃で。今までの全映画を否定するかのような、そして、19歳だったボクの甘い将来まで全否定されるような感じでさ(笑)。これから何をしてったらいいのか?って

生きる勇気をくれる映画、生きる指針を示してくれる映画なんかと土台、違うんだよ。明日への勇気が出ますよ、なんて映画はウソっぱちばっかりよ(笑)。ふざけんなよって。茫然自失ってやつですよ。

Q:ストーリーや人物の描き方、撮影やカメラワークについてはどう思われましたか?

井筒:パラマウントのマークが消えた瞬間から、別の世界が始まったんですよ。あの、か細い旋律から入ってきて、「パラマウント」「マリオ・プーゾのゴッドファーザー」って出るだけ。フランシス・フォード・コッポラとすら出ない。そのあとフワーっと、あの葬儀屋のオヤジが「アイ・ビリーブ・アメリカ」と、はじまる。あの時に打ちのめされるんですよ、あの光と影、あの色合いに。

ただ光量が少なくて暗いだけじゃない。ゴールデンアンバー、琥珀色と漆黒の暗さっていうのを、フィルムは持ってるんですよ。

それは撮影監督のゴードン・ウィリスが仕掛けたことですね。コッポラもカリフォルニア大学(ロサンゼルス校:UCLA)出身だから、当然そういうことは勉強しまくってるだろうけどね。でも現場でさ、ゴードンがそんなこと目の前で「やる!」って言ったらさ、止めらんないよ、まだ青二才だったコッポラには(笑)

パラマウントの連中も当時は怒ったらしいよ。「もっと分かりやすい画にしろ!」とか。いろんなメイキングに出てくるし、プロデューサーも言ってる。そういう戦いはガツガツあったらしいから、コッポラも狭間で悩んだじゃないですか。それくらいの革命的な画作りの実験だったですよね。

ちなみに、ゴードンはこれでアカデミーを穫ったわけじゃないのよ。彼はウディ・アレンとか、アラン・J・パクラの映画、それと『ゴッドファーザー』と、数えるほどしか撮ってない。ハリウッドが大嫌いなおっさん、ハリウッド映画を全否定してる人なのよ(笑)。一度会ってみたかったですね。

Q:井筒監督作品の中で『ゴッドファーザー』の影響が色濃い作品といえば?

井筒:なんだろうね〜。『ガキ帝国』(1981年)なんて結構色濃いと思いますよ。なぜかと言うと、あの有名なステーキハウスのシーンで「おい、イタリア語で話そうぜ」って言うでしょ? ああいうとこがすごくショッキングだったんですよ、だって下に英語の字幕が出るんだもん。そしたら、2人ともイタリア語に切り替えて話してるの。マフィア業界のややこしい話を。

『ガキ帝』でも、途中から主人公たちが朝鮮語を話し出すようなね、あれが影響のひとつですね。あの鳥肌が立った感じを、俺らもやってみようかって。意識的ではなかったと思うけど、”大阪の不良を描く”…”在日”…「お、朝鮮語喋らそう。ゴッドファーザーもやってるじゃん」って、そういう発想。いま思えば、それは『パッチギ!』(2005年)に影響していったとも言えなくない。

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。