ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

光でピッとカロリー計算!小型分子スキャナー「SCiO」の予約がついにスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

光を当てることで、カロリーや食品成分が調べられる小型分子スキャナー「SCiO」の予約販売がついに開始された。

・276万ドルの出資金を集めた話題のガジェット!

小型分子スキャナー「SCiO」は、2014年にKickstarterで276万ドルもの出資金を集めた注目の家庭用分子スキャナー。

食品のカロリーや糖度を、光をピッとあてるだけで調べられる優れものだ。

光のスペクトルを調べる従来の分光器の扱いには専門知識が必要で、研究センターにあるような大型なものが多かった。

その、分光器を超小型のチップ型にしたことで、スマホ連動の家庭用ガジェット開発を可能にしたのがConsumer Physics社の「SciO」だ。

・スマホ経由でデータベースと連動

スマホ経由でデータベースと連動し、スキャンされたデータはスマホアプリに表示。

食品だけでなく、飲み物、薬など身の回りにあるアイテムをスキャンして、成分を調べられる。

例えば、洋服の買い物をしていて、使っているのがフェイクファーか本物の毛皮かを分析して調べたり、生鮮食品売り場で一番甘くてみずみずしい果物を探したり、使い方はいろいろ。

今ならウェブサイトから249ドルで予約可能。2016年2月の発送を予定している。(日本への送料は35ドル)

ダイエットのカロリー計算にも大いに役立ちそうなこのガジェット。

Consumer Physics社は「将来は、SciOをすべてのスマホに標準装備できるようにしたい。」と意気込んでいる。

SCiO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP