ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京タワーで三陸・大船渡まつり さんま炭火焼3333匹無料提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昭和33年(1958年)、テレビやラジオの電波塔として建てられた東京タワー。その高さは333mと、3づくし。電波塔としての主な機能を東京スカイツリーに移行した現在も、年間約200万人が訪れる一大観光スポットだ。

 観光地として定着したが、より気軽に立寄れるスポットを目指してエンターテインメントを強化。実は、イベントや展示が多数開催されている。

 9月23日には『三陸・大船渡 東京タワーさんままつり』が。東京タワーの高さにちなみ、さんまの炭火焼き3333匹が無料で振る舞われるほか、「さんますり身汁」や「さんまバーガー」など、ご当地グルメも登場する。

 マスコットキャラクターは、1998年に誕生した双子の『ノッポン兄弟』。チケット売り場などでゲストを出迎えてくれるなど、タワーの顔となっている。

 大展望台は高さ150mにあり、さらにその上の250mには特別展望台が(各入場料が必要)。週末や祝日は、天気がよければ大展望台まで外階段で歩いて上ることができるが、幼児でも15分ほどで上りきれるので、家族で挑戦してほしい。

 また、7月にリニューアルされたばかりのフットタウン3階『TOKYO TOWER OFFICIAL SHOP GALAXY』では、東京タワー限定商品や、ここでしか食べられないスイーツも。展望台の帰りにぜひ立ち寄ってみるべし!

※女性セブン2015年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
スカイツリーと東京タワー 東工大からは同じ高さに見える説
日本にタワーは130か所も展望だけでは客呼べず閉鎖相次ぐ
スカイツリー中心部貫く「心柱」の制揺装置で大地震乗り切る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP