体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本と世界の架け橋を作りたい~CosmoBridge取締役インタビュー~(後編)

Nakano Takayuki 「当たり前って何か?を考える。国際協力に触れたい一歩目。フィリピンのNGOスタディーツアー。」

Nakano Takayuki 「当たり前って何か?を考える。国際協力に触れたい一歩目。フィリピンのNGOスタディーツアー。

こんにちは! TRiPORTライターの小林香織です。千駄ヶ谷で英語教室の運営と国際交流イベントの主催をしている「CosmoBridge(コスモブリッジ)」の取締役である甲斐 実さんのインタビュー後編をお送りします。(前編はこちら

さまざまな国籍の人と出会うキッカケになれば十分

11938952_1027947050571544_1252368212_n

—イングリッシュオンリーパーティーを行う中で困ったことはありますか?

一番困るのは、まったく英語をしゃべれない方が参加されたときですね。ネイティブ講師のほかに日本人スタッフも多めに配置してフォロー体制を強化しているんですが、なにしろルール上スタッフも英語しか話せないので…。

ただ、初心者の方でも会話が楽しめるように、アイスブレーカーゲーム(参加者がリラックスして臨めるように行う簡単なアクティビティ)などを取り入れて参加しやすい雰囲気作りに努めています。以前におこなって好評だったのは、英単語を使ったゲーム。

たとえばお題を「marathon(マラソン)」としたら、直接マラソンと言わずにほかの言葉を使って会話をし、誰かにマラソンと言わせたら勝ちというルールです。さらにNGワードも「running(ランニング)」「sport(スポーツ)」「race(レース)」など3つぐらい作って。非常に盛り上がりました。

また、例外のルールとして「How do you say ○○ in English?(英語で○○はなんと言いますか?)」と聞くのはOKとしています。○○のところは日本語を使って構いません。あと、最後の30分はリラックスタイムとして日本語もOKにしているので、とにかく気楽に参加していただきたいです。

—では、イベントを行っていて嬉しかったのはどんなことですか?

イベントが終了したあとに、参加者同士で打ち上げに行ってくれたり、この出会いをキッカケに日本と海外の参加者たちが交流を深めてくれることが一番嬉しいです。

うちはそのキッカケを与えられれば十分だと考えているので、国際交流イベントについては収益目的ではやってないんですよ。どんどん参加して、海外の友達を増やしてもらえればと思っています。

英語をマスターするための鍵は「目的」と「好奇心」

11943362_1027936603905922_252310542_n

—英語を身につけるために一番大切なのは、なんだと思いますか?

目的を認識すること、好奇心を持つこと、それに尽きると僕は考えています。スクールに来てくれる人にも「どうして英語を勉強してるんですか?」と毎回聞くんですが、ときどき「英語を上手に話せるようになりたいから」と回答する人がいたりします。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会