ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真とともに声も残したい人!フォトアルバムアプリ「everyStory」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デジタル興隆の現代、写真を保存したり共有したりできるサービスはたくさんある。

今回は、そうした写真を肉声による“解説”と一緒に残せるアプリ「everyStory」を紹介しよう。

・各写真に音声を添付

ビデオゲーム業界でエンジニアとして働いていたDavid Keeneさんは、結腸がんを患い、成功するかどうかわからない手術を前にこう思ったそうだ。

「もし手術がうまくいかなくて死んだら、幼い息子は僕の声をいずれ忘れるんだろうな」。この体験がeveryStoryの開発背景にある。

Keeneさんは手術前の1カ月間で、デジタルフォトアルバムのアプリ(iOS)を制作した。それぞれの写真に音声を添付できるというものだ。

・クラウドサービスで提供

これを使えば、昔の写真に、どういうシチュエーションで撮影されたか、そのときどういう気持ちだったのかを、後に見る人に肉声で伝えることができる。

実際、Keeneさんは、結婚したときの写真を後に息子が見るとき、いかにお母さんが美しかったかを伝えたかったのだそう。

幸い、Keeneさんの手術は成功し、Keeneさんはこのアプリをクラウドサービスにして、広く提供することを決めた。

・アナログ写真の取り込みも

今回正式リリースされたeveryStoryでは、パソコンやスマホのカメラロールから写真を取り込んで、その写真に声を“添付”することができる。写真を閲覧するときに、その声は再生される仕組みだ。

また、アプリではデジタル写真だけでなく、アナログの写真をスキャンして取り込む機能も備えている。

everyStoryでは、写真500枚までなら音声付きで無料保存でき、それ以降は有料となる。だが、リリース記念として、9月中にサインアップした人には無料保存できる枚数制限を1000枚追加している。

Android版アプリも現在開発中という。

everyStory

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP