ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Czecho No Republicのお気に入りの街は高円寺、その意外な理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVE土曜の午後の番組「J-POP SATURDAY」(落合隼亮/リアド慈英蘭)のワンコーナー「The Parkhouse PARADISE FIELD」。9月19日のオンエアでは、ゲストにCzecho No Republicが登場。お気に入りの街について聞きました。

9月9日に3rdアルバム「Santa Fe」をリリースしたCzecho No Republic(チェコ・ノー・リパブリック)。18日からは待望の「聖なる行進TOUR」もスタートしました。そんなCzecho No Republicのタカハシマイさんと武井優心さんが、お気に入りの街を紹介しました。

タカハシさんはモデルもやっていることもあり、紹介してくれるのは、おしゃれな街かと思いきや、2人が迷わず挙げたのは高円寺。それも意外な理由からでした。

武井さん「我々が普段から入り浸っているのは、やっぱり高円寺ですよね。昼から飲んでいても怒られない空気が漂っているのがいいですね、高円寺。全然負けている感じしないからね、昼から飲んでいても」

タカハシさん「それいいよね、一番。たしかに、あんまりスーツの方とかはいなくて、ゆったり時間が流れている感じがしますね」

武井さん「意外と友達にも会っちゃったりして、さらに夜が長くなることもあったり。出会いが多いですよ」

タカハシさん「たしかにありますね。そう思うと、本当にいい街だなと思いますよ」

Czecho No Republicメンバーがよく飲み歩いているのが高円寺だったのですね。実は結成当初のメンバーと出会ったのも、高円寺の居酒屋だったのだとか。また、最近では、メンバーで卓球バーに行ったところ、武井さんは“卓球”という新たな才能に出会ってしまったと言います。武井さんからは、「バンドを辞めて卓球で」という、爆弾発言も飛び出しました。

そんなCzecho No Republicが一押しの街、高円寺では10月31日と11月1日、高円寺4大祭りの一つ、高円寺フェスが開催されます。高円寺駅を中心に、広場やストリート、学校、お店を中など、高円寺全体をステージにして、ストリートライブやプロレス、ワークショップなどのイベントが開催されるというもの。ジャンルもまた、パンク、サブカル、アイドル、ロックと何でもありなのだとか。

Czecho No Republicのルーツの街を見てみたい方も、昼からお酒が飲める空気を味わい方も、この機会に出かけてみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】 「J-POP SATURDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/jpopsaturday/field/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP