ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「恋ってどうやってするんだっけ?」状態になったら、考えるべき原因と対策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

仕事は順調だけど、彼氏がいない状態になって何年だっけ?
合コンとかは苦手で断ってしまうけど、だからと言って彼氏がほしくないわけではない。
でも、毎日仕事と家の往復で、新しい恋のはじめかたがわからなくなってしまった……という人は多いのでは?
「このまま何もなく歳を重ねていったらどうしよう」なんて思っているなら、一度、そうなった原因と対策を考えてみるべきです。

エステ、ネイル、美容室

なんでもない日に、普段はやらないようなことにお金をかけてみましょう。
エステやネイル、美容室など、自分に投資することならなんでもOK!
疲れた体をリフレッシュさせるとともに、自分を磨くことで「恋のスイッチ」を入れることができます。
「こんなにお金をかけてピカピカにしたんだから、誰かに見てもらいたい!」「綺麗になった自分で新しいことをはじめたい」そう思うことで、自然と外出したり、誰かを誘いたくなるのです。

恋愛映画を観る

彼氏がいない状態に慣れてしまうと、身近な友だちのラブラブ話には憧れが湧きにくくなってしまいます。
「私ならそんな恥ずかしいサプライズ嫌だな」「どうせ仕事が忙しくて、デートに時間取れないし」などと現実的なことを考え、ついつい否定的になりがち。
そんな天の邪鬼な女性こそ、むしろベタベタな恋愛映画を観るといいのです。
映画という、そもそも非現実的なもののなかで繰り広げられることなら、どんなに突拍子のない展開でも否定する必要がありません。
素直に「こんな恋愛してみたいな〜」と憧れることができるのです。
日記や写真など、恋していたころの自分を思い出せるものを見直すのも効果的。
強制的に気持ちを盛り上げて「恋愛モード」に突入させれば、いままでなんとも思っていなかった人も違って見えてくるかもしれませんよ。

ひとり飲みデビュー

友だちに「そろそろ恋したいんだよね」と言ったら、「合コンセッティングしようか?」「紹介できる人当たってみる?」などと言われそうで、相談しにくいと思っていませんか?
そんなときは、よくも悪くも、自分のいまの生活に影響しないひとり行動をするのがベスト。夕食がてら少しお酒も飲んで、「ひとり飲み」デビューしてみましょう。
カフェバーなどの敷居の低いところからはじめて、慣れてきたらバルをはしごしたりして、お気に入りの店を見つけてみてください。
「ひとり飲み」の目的は、ナンパのように、直接恋に発展するような相手に出会うことではありません。人脈を広げること、新しい居場所を見つけて自分に自信を持つことを目指すのです。
友だちには相談できないようなことも、人生経験豊富な先輩男女から、参考になるアドバイスを聞けること間違いなしですよ。

自分を客観視してみる

「恋ってどうやってするんだっけ?」などと言って自分の恋愛話を煙にまく人は、結局のところ自分に自信がないのです。
本気で恋人がほしいのなら、「誰か紹介して!」と自分から頼んででも出会いのチャンスをつかみにいけばいいだけ。
しかし、このタイプの女性は、「合コンに来るような男性はちょっと」などと理由をつけて、そもそも舞台に上がろうとしません。
本心で「恋に発展するような出会いがほしい」と思っているなら、まずは自分を客観視してみましょう。
「何もしないで求めるばかりだったな」などと自分のダメな部分に気づくことができたら、そのときこそ、自分を変えていくチャンスなのです。
image via Shutterstock
(ブリトニー安江)


(グリッティ)記事関連リンク
恋愛上手な女は「好き」ではなく「許せない」で恋人探しをする
男性に「ついに運命の人に出会ったかも」と思わせる方法
「男友だちを紹介したくない」と思われないために気をつけること

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP