ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人・阿部と小林は大卒 「大学出に名捕手いない」と野村氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の巨人はパッとしない。開幕前は阿部慎之介をファーストにコンバートし、小林誠司と相川亮二を捕手に据える予定だったが、結果的に阿部を捕手に戻すなど捕手が安定しない。黄金時代の巨人を知る南海ホークスのバッテリー・野村克也氏と江本孟紀氏が捕手の重要性について語り合った。

江本:いいキャッチャーの条件って何ですかね。

野村:肩が強いかどうかが一番やな。配球術は難しくても数学の問題を解くのと同じで定義がある。それを理解すれば成長する可能性はゼロではない。

──小林(誠司)は肩がいい。

野村:肩が強いなら育てがいがあるが、大学出か?

江本:同志社ですね。

野村:致命的だな。大学出に名捕手はいない。

──阿部(慎之助)も大卒です。

野村:ありゃ迷捕手だ。ピッチャーとキャッチャーは高校を出てすぐプロに行くべきだね。18歳から22歳は一番大切な時期。基礎知識がどんどん吸収されて、野球が分かってくる。ここでアマの指導者から、結果論で間違った指導をされるとダメになる。キャッチャーを育てるには結果にはしばらく目をつぶり、根気強く基礎・基本を教えるしかない。「根拠のないサインは出すな」「迷ったら原点の外角低めに投げろ」とオレは教えてきた。

江本:いいキャッチャーはピッチャーも育てます。僕もノムさんに「なぜこの球を要求されたか考えてから投げろ」と教えられました。そういえば、南海のキャンプで、ノムさんに指示されてブルペンでキャッチャーをやらされましたよね。

野村:やったな、そんな練習(笑い)。

江本:実際に自分で受けてみると、お互いの気持ちがわかっていい経験になりました。面白かったなァ。試合でキャッチャーをやってみたかった。

野村:お前みたいに足の長いヤツじゃアカンやろ。

江本:(野村氏をじっと見ながら)胴長短足でないとダメですかね。

野村:それに鈍足(といって遠い目をする)。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
巨人OB森、金田、広岡氏らが小林誠司の育成方法について語る
【プロ野球コーチの役割】バッテリーコーチ編 内容濃い仕事
角盈男氏が選ぶ野球漫画BEST9 4番は「センター・オズマ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP