ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美女ウケを狙う車は全体より細部、快適装備にこだわるべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。今回は、快適装備がいかに重要なのかを、これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が解説する。

 * * *
 日本にはまだまだ閉鎖的な部分があり、世間体上ガイシャは買えないという人も多い。それがたとえ38万円のド中古であっても、ベンツというだけで「高級外車を乗り回していた」と、悪事でも働いていたように報道されるのだから、まるで攘夷である。

 そこで浮上するのがレクサスだ。レクサスはれっきとした国産車ながら、トヨタの高級車ブランドとして、その地位を確立しつつある。国産車でも高級なら美女に効くのか?

 それを実地検証するために、今回はモデルの智美ちゃんを、中型SUV(スポーツ多目的車)のNX300h(492万円~)に乗せ、箱根の温泉に繰り出してみた。

 まず第一印象はどうだろう。

「クルマに詳しくないのでよくわかんないけど、落ち着いてていいと思います」

 レクサスが2年前から導入しているスピンドルグリル(糸巻き型グリル)は?

「え? 特には何も……」

 智美ちゃんは、レクサスというブランド名も「聞いたことはあります」程度の認識で、のれんに腕押し。早くもレクサスでモテモテは厳しそうな雲行きだ。

 レクサスNXには、2L直噴ターボとハイブリッド(2.5Lエンジン+モーター)の2種類のパワーユニットがあり、今回はより高価なハイブリッドモデルのほうなのだが、それについても智美ちゃんは気乗り薄だった。「ハイブリッドのイメージはいいですよ」とは言うものの、それでモテモテということもまるでゼロな気配だ。

 が、走り出してしばらくすると、雲行きが変わった。

「このシート、とっても気持ちいい!」

 表面に小さな穴がたくさん開いている本革シートが、いたく気に入った様子。実はこれ、NXの高級グレードのみに設定されている「運転席・助手席ベンチレーション機能付き本革シート」である。表面の小さい穴からエアコンの冷気が噴き出てくるので、夏はサラッと涼しい。

「えっ、そうなんですかぁ!? すごい!」

 いきなり美女の目が輝き出した。女性はオッサンの30倍肌触りに敏感だと言われる。この本革シートは、シートヒーターも内蔵されている冷暖房完備型。恐らく冬は冬でバカウケの予感がする。モテを狙うならブランドよりシートにこだわれ、ということか?

 その他に智美ちゃんが反応したのは、ダッシュボードの丸形の時計と、木目の高級感だけ。クルマにうとい美女は、全体よりも細部に反応する。我々オッサンはついクルマ全体にばかりこだわってしまうが、美女を落とすなら、快適装備にこだわるべきなのだ!

 ちなみにこの冷暖房シートを手に入れるためには、最上級のバージョンLかFスポーツ(ともに556万円)を買う必要がある。価格はプラス64万円。世の中甘くない。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【オートサロン2015】レクサスRCF GT3と白いミニワンピ美女
石破茂地方創生相だけが日本の技術力を発信の重責担ってる?
石破茂氏 公用車をレクサスに変更はクラウン怖いからの珍説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP