ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

芥川賞・又吉直樹が好きな10冊 村上龍、谷崎、川上未映子ら

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かねてより、“読書芸人”として名高かった又吉直樹(35才)。今年7月、『火花』で芥川賞を受賞し、読書芸人は本物の作家になった。これまで2000冊以上読破してきたといい、根っからの“太宰治好き”としても知られる。

 受賞作以外にも『カキフライが無いなら来なかった』『第2図書係補佐』(ともに幻冬舎)など、エッセイにも定評が。そんな彼が、これまで「好き!」と公言してきた珠玉の10冊がこちら。読書の秋に手にとってみたいものばかりだ。

【又吉のおすすめ書10選】
・『教団X』中村文則/集英社

・『もうおうちへかえりましょう』穂村弘/小学館

・『ヘヴン』川上未映子/講談社

・『ふくわらい』西加奈子/朝日新聞出版

・『笑うな』筒井康隆/新潮社

・『長嶋少年』ねじめ正一/文藝春秋

・『コインロッカー・ベイビーズ』村上龍/講談社

・『痴人の愛』谷崎潤一郎/新潮社

・『走れメロス』太宰治/新潮社

※女性セブン2015年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ピース又吉が俳句の師に学んだ2年間を対談形式でまとめた本
又吉 9年前、横浜の占い師に芥川賞受賞を予言されていた?
芥川賞最高部数の又吉直樹 書店員が「文学の救世主」と評価

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP