ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気づかないうちに恋に落ちている「11のサイン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰かを好きになっていることに、自分では気づかない場合もありますよね。でも、この記事には、「あなたはもう恋に落ちている!」という11のサインがまとめられています。もしかすると、読み終わった後には、自分の恋愛が始まっていたことに気付くかもしれません。

01.
一緒にいると、常に笑っている
自分に気がつく!

その人と一緒に過ごす時間はいつも楽しくて、毎日会いたいと思うようになります。そして、実際に会って話していると、知らないうちに笑顔になって笑っている自分に気付くことに。

02.
相手のことを考えすぎて
何も手につかなくなる

頭の中は相手のことでいっぱい。ふとしたことで思い出していただけだったのに、1日に数回思い出すようになり、さらには四六時中相手のことを考えずにはいられなくなります。
相手のことを考えすぎて、何も手につかないようになったら、それは確実に“恋の始まり”。

03.
会っていなくても、
“考える”だけで幸せ

相手のことを考えないなんてできません。考えただけで顔がにやけてしまいます。
これも、相手を好きになった証拠。会えなくても、考えるだけで幸せな気持ちになるのです。ときめかせてくれる相手を見つけたあなたは、とてもラッキー。

04.
会う時は、最高の自分を
“準備”する

どんなに忙しくても、会おうとする努力をし、服装だってバッチリ決める。
準備に手抜きをしないのは、恋の証拠です。いつもより時間がかかっても、まったく気になりません。

05.
何度も会っているのに
なぜか緊張・・・

相手とは何度も会っていて、そろそろ慣れてもいいはずなのに、なぜか緊張してしまう。これは、“ときめき”による緊張なのです。

06.
相手の“目”を見つめてしまう

目を見るのは、すごく特別な行為。もっと相手のことを知りたい、そして、自分のこともよく知ってほしいと思っている気持ちの表れです。自分が相手の一部になっているかを確認する作業ともいえるでしょう。

07.
飾らない自分でいられ、
居心地の良さを感じる

自分のありのままをさらけ出せる。言いたいことは言って、笑いたい時には思いっきり笑う。そうやって、居心地の良さを感じさせてくれます。
そんな相手を見つけたら、絶対に手離してはいけません。失ってから嘆いても遅いですからね。

08.
相手の考えを
リスペクトできる

自分とは違うタイプの人に魅力を感じる人もいれば、そうでない人もいます。でも実際は、恋にタイプの違いは重要ではないかもしれません。
趣味が違っても、好きな音楽が違っても、観たい映画が違ってもいいのです。大切なのは、相手の考えを尊重できるかどうか。

09.
いつも自分のことを
考えてほしいと願う

たとえ忙しい時でも、自分のことを考えてくれないとモヤモヤしてしまう。これもまた恋のサインです。相手が忙しいのは分かっていても、自分のことを頭の片隅に置いてほしいと思ってしまいます。

10.
相手をサポートしたくて
仕方ない

相手に何かあったら、心配で助けてあげたくて仕方ない。これは、気持ちがある証拠。どうでもいい人のことは、正直まったく気になりません。前は気にならなかったことでも、気になるようになったら恋が深まっているということです。

11.
相手の寝顔を見つめることに
幸せを感じる

大好きな人の隣で目覚めるのって、なぜあれほど幸せな気持ちになるのでしょう。相手の変な寝顔さえ可愛く見えてしまうので不思議。
ベッドには、関係を劇的に変える魔法の力がありますが、“目覚め”もそんな力が働く瞬間の一つです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

結婚するなら、こんな男性が理想「9つのチェックリスト」
男性が本気のデートで実践するべき「8つの行動」。女性も要チェック!
「遊びの恋愛」を知らせる5つのサイン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP