体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

My Little Lover、20周年記念メモリアルアルバム発売決定

My Little Loverの20周年プロジェクトのリードシングル「ターミナル」と、2枚組CD『re:evergreen』のリリースが決定した。

My Little Lover (okmusic UP's)

My Little Loverがデビュ-し、トリプル・ミリオンを記録した『evergreen』がリリ-スされて、まもなく20年。アニバ-サリ-・イヤ-に相応しく、新曲「タ-ミナル」の配信リリ-スが報じられた。でも、さらなるビッグ・ニュ-スが待っていた。一部の音源を差し替えるなどして、あの名作が新たに 『evergreen⁺』へとブラッシュアップされるとともに、新曲のレコ-ディングが続けられて、『re:evergreen』が完成したのである。収録数はともに10曲。ラストにタイトル・ソングが配され、対を成すこの2作には、どんな関係があるのだろう。小林武史は言う。

「“⁺”に関して は、20年前の演奏を振り返りつつ、再びセッションする、じゃないけど、そうしてベストを尽くすことで20年の時をリンクさせることが出来たと思っています。そして新作の“re”は、まさにこの言葉の通り“返信”。音楽への愛情を持って新たにアルバムを作るという作業を通じての“返信”ですね」 。

ところでakkoは、どんな想いで今回のプロジェクトに臨んだのだろうか。「この20年間、色々なことがありましたが、学べたこと、成長出来たこと、でももっと成長したいと思う部分も含め、自分を俯瞰で見られるようになったのは確かです。『evergreen⁺』に関しては、スタジオで新たな息吹を加えている作業を見ているうちに、今の自分が歌ったらどうなるだろう?という興味がわいたので、試しに小林さんに相談してみましたが、あっさり却下されました(笑)。ただ小林さんから新作の構想を聞かされ、“むしろ当時のままのほうがいいんだ”と納得しました。新曲たちの制作に関しては、『evergreen』自体が肯定的なアルバムだったので、“あまり変化球的な要素は要らないのでは?”など、色々と相談しつつ、詰めていきました」

贅沢なことに、レコ-ディングはすべて生演奏で行われた。Bank Bandの面々、そして若手のミュ-ジシャン達。彼女はスタジオのマイクの前で、「その幸せを噛みしめながら歌いました。私が大好きな、ノリノリでアッパーな曲もありますよ」と笑顔で答えてくれた。

確かに『re:evergreen』のなかの「pastel」は、デビュ-曲「Man & Woman」にも通じる運動神経の良さを感じさせる。若手の起用がハマった「夏からの手紙」の疾走感も心地良い。一方、「送る想い」はBank Bandの思慮深い演奏が楽曲に奥行き与えている。これからの季節にピッタリの「winter songが聴こえる」では、小林流のウォ-ル・オブ・サウンドが輝く。いずれの曲にも、ここにしかないポップ・マジックが炸裂している。

最後に小林に、改めてMy Little Loverの20年を振り返ってもらった。「あれから20年…。でも…、ここ5年間くらいで急速に、音楽が情報化していったでしょ? このままだと何かの添え物になってしまいそうな気もしたんです。今回、生でやったのも、まず音楽の良さ、その魅力を追求していくことが大事だと思ったからなんですよ。人間が生きてく上での自然との繋がりもそうだけど、音楽も同じでね。声や楽器同士が共振、共鳴し、“伝わりあっていく”ことの大切さというか、それを届けたかったんですよね。でもやってみてつくづく感じたのは、想いはずっと繋がってる、ということ。そもそも『evergreen』を作った時も、何かを完結させた意識はなくて、あのアルバムのエンディングから今回へと、前を向いて進んでいくイメ-ジのまま、見事に繋がっていったんですよね」

『evergreen』 の歌詞のなかに、“永遠の緑は 心に広がっている”というフレ-ズが出てくる。ならばあの場所から根を伸ばし、場所は変わったけど同じ命で繋がっているのが 『re:evergreen』かもしれない。そして『re:evergreen』にしても、さらなる命を生み出す序章に過ぎないのだ。
TEXT:小貫信昭

また、10月28日には、2011年に発売された「ひこうき雲」以来、4年振りとなるシングル「ターミナル」が配信リリース。今作は、2013年「ホテルローヤル」にて第149回直木賞を受賞した、北海道在住の作家、桜木紫乃の最高傑作を映画化した「起終点駅 ターミナル」の主題歌に起用されている。なお、映画主題歌としては、「起終点駅 ターミナル」と同じ篠原哲雄監督作品「深呼吸の必要」(2004年)以来11年振りとなる。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会