ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

幸楽苑×サッポロ一番『味噌野菜らーめん』カップを、店舗の味と比較した!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

名店の味を再現したカップ麺と実際の店舗メニューとの食べ比べ企画である。これまでリンガーハット池袋大勝軒で実施した企画、今回は幸楽苑である。サッポロ一番『味噌野菜らーめん』を検証したのだが……今回もちょっと、ミスを犯してしまった。

 

『味噌野菜らーめん』は、店舗限定だった

おためし新商品ナビ編集部は、担当カメラマンと共に都内の幸楽苑を訪問した。

しかし、メニューに『味噌野菜らーめん』が無い!

店内を見回しても、無い。

仕方なく、もっとも似ていると思われる「味噌ねぎらーめん」を注文。なぜ、『味噌野菜らーめん』がないのか? その理由は、後日調査して判明したことだが、『味噌野菜ラーメン』は提供される店舗が限られていたのだった。池袋大勝軒の時と同様のパターンである。これは編集部のリサーチ不足であり、読者諸氏には謹んでお詫びしたい。

 

ほどなくして、「味噌ねぎらーめん」がテーブルに運ばれてきた。

幸楽苑のらーめんの特徴は、「多加水熟成麺」にある。

「多加水」とは、多めの水分量で製麺すること。さらに数日間「熟成」させることで、小麦粉と水分がよく馴染み、麺はプルプルとした瑞々しい食感となる。グルテンもしっかりと形成されて、コシを感じさせる。

 

スープやチャーシューなど具材については、特筆すべきところはない。良くも悪くもチェーン店として模範的な味であり、万人が美味しく頂けるバランスに仕上がっているが、語るべきものはない。

 

サッポロ一番のカップ『味噌野菜ラーメン』

さて、カップの『味噌野菜ラーメン』である。幸楽苑の味をどれだけ再現できているのか、検証する。

フタを開け、お湯入れ3分。

ふたの裏側には、幸楽苑への来店を促す広告がプリントされている。

まず幸楽苑の特徴である「多加水熟成麺」。

インスタントの乾麺で多加水麺を再現するのは難しいと思われたが、なかなかどうして、よくできている。かるく縮れた幅広の麺は、店のものによく似ている。

何より、カップ麺を店の味わいに近付けているのはスープかもしれない。店で食べる時には「チェーン店の味だ」と即断してしまう味、だからこそインスタントでの再現が容易なのではないか。スープの味が似ているから、なおのこと麺の食感まで似ているような気がしてくる。

具材で良い仕事をしているのは、もやしとキャベツ。シャキシャキとした歯ごたえが良いアクセントになる。きくらげの主張は少ない。

 

幸楽苑らしさは、よく出ていた

結論として、同一メニューでの比較こそできなかったものの、幸楽苑の味噌らーめんの風味をよく再現していると感じられた。

ただ冷静に考えて、わざわざ「幸楽苑のらーめんをカップで食べたい!」という需要があるのか疑問ではある。誰もが安心して食べられる味であることは間違いないが……。

そういう意味でこれは広い観点での「ネタ商品」であり、幸楽苑の広告を目的としていると考えれば納得できる。何度もリピート購入するものではなく、話のネタに、見かけたら買ってみるのも悪くない。希望小売価格は170円(税別)。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP