体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幸楽苑×サッポロ一番『味噌野菜らーめん』カップを、店舗の味と比較した!

CR4_2599

名店の味を再現したカップ麺と実際の店舗メニューとの食べ比べ企画である。これまでリンガーハット池袋大勝軒で実施した企画、今回は幸楽苑である。サッポロ一番『味噌野菜らーめん』を検証したのだが……今回もちょっと、ミスを犯してしまった。

 

『味噌野菜らーめん』は、店舗限定だった

おためし新商品ナビ編集部は、担当カメラマンと共に都内の幸楽苑を訪問した。

IMG_5336

しかし、メニューに『味噌野菜らーめん』が無い!

IMG_5331

店内を見回しても、無い。

IMG_5333

仕方なく、もっとも似ていると思われる「味噌ねぎらーめん」を注文。なぜ、『味噌野菜らーめん』がないのか? その理由は、後日調査して判明したことだが、『味噌野菜ラーメン』は提供される店舗が限られていたのだった。池袋大勝軒の時と同様のパターンである。これは編集部のリサーチ不足であり、読者諸氏には謹んでお詫びしたい。

 

ほどなくして、「味噌ねぎらーめん」がテーブルに運ばれてきた。

CR4_9767

幸楽苑のらーめんの特徴は、「多加水熟成麺」にある。

CR4_9778

「多加水」とは、多めの水分量で製麺すること。さらに数日間「熟成」させることで、小麦粉と水分がよく馴染み、麺はプルプルとした瑞々しい食感となる。グルテンもしっかりと形成されて、コシを感じさせる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。