ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

奥華子、最新アルバムに注目のイラストレーターが手掛けたMVを収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“声だけで泣ける”シンガーソングライター奥華子のキャリア初となる全編イラストMVが完成! ニューアルバム『プリズム』に収録することを発表した。

今回新たにMVを制作した楽曲「花火」は、7月に発売された10周年記念シングル「楔 -くさび-」にも収録されているインディーズ時代に手掛けた楽曲で、奥華子のメジャーデビューのきっかけを作った彼女にとっても思い入れの強い作品。

MCを手掛けたイラストレーターは、ニコニコ動画やYoutubeなど動画投稿サイトで活動する関連動画総再生回数1億回を超えるクリエイターユ ニット“Honey Works”に所属する注目のイラストレーター、 モゲラッタ。奥華子が「花火」で描いた切なくも温かい世界を、モゲラッタのイラストで表現することで、より鮮やかさを増し生まれ変わった。

モゲラッタは、「高校の時からファンだった奥華子さんの楽曲のPVを制作させていただく日が来るとは夢にも思わなったです。昔の恋 思い出すと言う設定だったので、時間軸をサビは昔、サビ以外は現在という形になっています。就職して忙しい中、花火大会のお知らせを見て昔をぼんやり思い出すと言った感じです。あの時に戻りたいと言うより、ああいう恋もしたなぁという穏やかでほんのり切ない感じが伝わればなぁと 思いながら制作しました。たくさんの方に見ていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せた。どんなMVに仕上がったのか、公開されるまで楽しみに待ちたい。

デビュー10周年を迎え、奥華子が贈るニューアルバム『プリズム』は、新曲9曲を含む全13曲を収録。失恋、片想い、遠距離恋愛…といった奥 華子の代名詞でもある恋愛ソングをはじめ、ふるさとを想う曲や応援歌など、色々な奥華子がギュッと詰まった、これまでの集大成となるようなア ルバムだ。現在全国弾き語りツアー中の奥華子だが、「東京暮らし」「友達のままで」「流れ星」など新曲もツアーで披露し初めており、「初めて 聴いたのに涙が出てきました」「新曲、感動しました」とファンの方々からの声が続々と届いている。奥華子自身も「名刺代わりになるような1枚ができた。ひとりでも多くの方に聞いてもらえますように!」と、最新アルバムに掛ける思いを語っている。

なお、13曲を収録したオリジナルアルバムに加えて、ライヴDVD2本と特典DVD、奥華子が10年を弾き語るおまけCDの3DVD+2CDを 収録した豪華な10th Anniversary盤は、9月28日までの予約限定生産となっている。ここで手に入れなければこれから一切手に入れることのできないというから、忘れずに予約しておきたい。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP