体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日帰りでも楽しめる!日本最後の秘境・西表島での欲張りネイチャーツアー

西表島「神秘の滝を目指すジャングルツアー」

週末には近県の、長い休暇には国境を越えて、意中の森を目指す。そんな森狂いの私が今ゾッコンなのが、西表島!

かの地を初めて訪ねたのは、3年前のこと。沖縄では本島に次ぐ広さを誇りつつも、人口はわずか2500人。それもそのはず、島の90%は亜熱帯の原生林に覆われ、人が住めない代わりに、多様な植物と動物たちが生息している。

まさに、東洋のガラパゴス(行ったことないけれど)!

西表島「神秘の滝を目指すジャングルツアー」

そんなわけで、今年もめでたく「沖縄じゃらん」の取材で西表島に上陸。しかも、「神秘の滝を目指すジャングルツアー」という“森”過ぎるプログラムを取材させて頂くことに。

おまけに目的の滝までは、カヤック(漕いで)とトレッキング(登って)のWアドベンチャーが待ち構えているというから、ワクワクが止まらない!

石垣島からの日帰り参加もOK!サクッと、かつディープにワイルドな自然を満喫。

西表島「神秘の滝を目指すジャングルツアー」 石垣港から西表島(上原港)へは高速船で40分。お昼寝なんてしてたら、あっという間。港では、今回お世話になる「クロスリバー」のガイド・かおりさんが出迎えてくれた。冒険の舞台となるマーレー川の上流へは、車で移動(西表っぽい交通標識にテンションアップ!)。

濡れても良い格好と日焼け対策、準備はそれだけ!

ツアーを申し込めば、ガイドはもちろん、ライフジャケットやウェットシューズ、防水バッグ、冷たい飲みものまで用意してもらえる。

よって、準備が必要なのは、着替えとタオル、あとはカメラくらい。但し、濡れる可能性は大なので(むしろ、濡れる覚悟で行く方が楽しいので)、それなりの服装と日焼け対策を心がけて。

神秘の滝に向けて、いざ出発!と思ったら、嬉しいサプライズに遭遇♡

西表島「神秘の滝を目指すジャングルツアー」 マーレー川に到着して身支度を終えたら、カヤック乗り場へ移動。ここでハプニング!入り江一面がサガリバナに覆われ、幻想的な雰囲気に。 西表島「神秘の滝を目指すジャングルツアー」 この時季(6〜8月)にしか出会えない神秘的な光景を前に、取材陣はほぅ〜と溜息。かおりさんによれば、これだけキレイな状態の絨毯は、現地の人でもなかなかお目にかかれないとか。

それでは、あらためて。カヤックに乗り込みいざ出発!

カヤックに乗る前にはレクチャーがあるので、初心者でも安心。それでも不安な場合は、タンデムタイプのカヤックをチョイスしよう。とはいえ、思いのままに水の上を走るのは想像以上に気持ちが良い。漕ぐうちにコツもつかめるので、断然ひとり乗りをおすすめ!

西表島「神秘の滝を目指すジャングルツアー」

静かなマングローブの森を、のんびり水鳥気分でスーイスイ。

漕ぎ出せばすぐに鬱蒼としたマングローブの森。波の影響を受けないので、カヌーの運転もラクラク。ちなみにマングローブとは、海水と淡水が混じりあう場所に生育する植物の総称。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。