ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

開発者は8歳の天才少年!?DIYできる子ども用スマートウォッチとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

各社から続々とスマートウォッチが発売されるなか、Kickstarterに独創的なプロジェクトが登場した。

この「O Watch」、見た目はプラスチック製のオモチャのようで高級感はまったくない。

というのも、これは100%“子ども用”としてつくられたスマートウォッチだからだ。

自分で組み立て、さらにプログラミングまで学べるようにと作られている。

・“中身”までDIY

「O Watch」は、有機ELディスプレイ一体型の本体、バッテリー、プラスティックのケース、バンド部分になるパラコードを自分で組み立てる。

さらにこの本体、オープンソースで開発されたArduino基盤が組み込まれており、パソコンとつなげばプログラミングもできてしまうのだ。

時計の表示をカスタマイズしたり、ちょっとしたゲームを動かしたりもできる。

さらに、3軸コンパス・温度・気温・湿度のセンサー基盤が付属する「センサーキット」ならジェスチャー機能まで実現可能だ。

ちなみに、ケースは3Dプリンタで出力されたもので、データも公開されているため自分でデザインのカスタマイズもできる。

・子どもによる、子どもにためのスマートウォッチ

見た目に反して、“オモチャ”の域を超え大人も使いこなせないであろう「O Watch」。

しかも、開発者のひとりは8歳のOmkarくんだというから驚きだ。

科学やITに子どもたちが興味をもてるようにと、「O Watch」のコンセプトを思いついたのだとか。

“未来のエンジニア”にプレゼントしてみるのはいかがだろうか。

価格は、「ベースキット」が85ドル、「センサーキット」が109ドル。すでに目標額は達成しており、出資期限は10月3日。

O Watch

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP