ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

既婚者ほど残業時間が長いのはなぜか 「家庭を支えなくては」のプレッシャーも?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インテリジェンスが運営する転職サイトのmeetaが20~40代の有職者1000人を対象に調査したところ、結婚している人ほど残業時間が長い傾向が明らかになったという。

残業時間が「10時間未満」と答えたのは未婚者55%に対し、既婚者は47%と少なく、53%が10時間以上の残業をしている。特に差が大きかったのは「20~30時間未満」で未婚者8%に対し、既婚者では13%を占めている。
残業代目当て?「最近、新築マンションを購入したから」

男性の場合、一家の大黒柱として家計を支えようという責任感が生まれ、仕事に打ち込んで出世したり、残業代を稼いだりすることを考えるのだろう。男性からは、

「奥さんが専業主婦だから僕が頑張らないとね。昼食は毎日カップラーメンにすることで節約もしてるよ」(38歳・男性)
「いや~、奥さんに早く課長になれって尻を叩かれてるんだよね。最近、新築マンションを購入したからそのプレッシャーもでかい」(41歳・男性)

とのコメントが寄せられている。

意外なことに、仕事に対する満足度も既婚者の方が高い。未婚者の42%に対し、既婚者は51%。家庭を持ったことがモチベーションにもなっている可能性がある。会社によっては「結婚したら一人前」として責任のある仕事に就かせる場合もあるのかもしれない。

なお、既婚者の中には「家に帰りたくなくなったから残業している」というケースもありそうだが、それについてはこの調査では分からなかったようだ。

あわせてよみたい:「さいきょうの結婚&出産」が無理ゲーと話題に
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP