ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

茂木健一郎氏 SEALDsは国内だけでなくアウェーでも頑張って

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今どきの学生やモデルが国会前のデモに参加することで話題を呼ぶ「SEALDs(シールズ)」。果たして彼らの行動は本当に政治を変えられるのか。同じく安保法案反対の立場ながら、彼らの活動に懐疑的な小林よしのり氏と、彼らの呼びかけでデモに参加した茂木健一郎氏が対談。SEALDs現象の今後を語り合った。

茂木:僕は、ホントに日本の若者が閉塞感に包まれているなか、SEALDsに関してはやっと元気のいいやつらが出てきたっていう気持ちがあるんです。結果として彼らが間違っていたっていいじゃないですか。

 あと僕のところにくる批判としては、「あれはただのひと夏の思い出づくりだ」とか、それもそれでいいじゃないですか。祭りでもフェスでもいいじゃないですか。僕は何をしても変わらない現状において、SEALDsは「ええじゃないか運動」みたいなものだと思っているので。

小林:わしは、デモが大がかりになればなるほど安倍を喜ばせるだけだと思う。むしろデモなんか何も起こらず、国会前があまりにも静かで不気味な国民の意思を感じるほうが怖いんじゃないかな。そうして国民は来年の参院選で意思を表明する覚悟を固めておけばいい。

茂木:確かに、これで終わりじゃないと思うんですよ。例えば、来年の参院選に向けて、ひょっとしたら、SEALDsから候補者立てるみたいな動きにもなるかもしれないし、SEALDsの運動を、ノーベル平和賞という普遍的な価値に結びつける方法もあるかもしれない。

 僕、ノーベル平和賞を受賞したマララちゃん(※注)の話を直に聞いたことがあるんですけど、全然迫力が違うんですよ。SEALDsはまだまだ日本国内の頑張りだから、もっとアウェーの状況で頑張ってほしい。

【※注/子供や女性の教育権を訴えるパキスタンの人権活動家で、2014年に17歳でノーベル平和賞を受賞した】

小林:彼らはまだまだ勉強が足りないよ。わしはSEALDsの中心メンバーとも対談したし、いつでも議論したいと思っている。向こうが怖がっているんだけどね。

茂木:予定調和の壁を壊していってほしいですね。

※週刊ポスト2015年9月25日・10月2日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
デモ参加の茂木健一郎氏 SEALDsは守られてる感ないのが良い
小林よしのり氏 SEALDsは不安の根源を全部戦争に象徴させた
山本一郎氏 ネット右翼の持つ正義感を活かす方法あると期待

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP