ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

このマンガがすごい! 編集長が選んだ秋に読みたいマンガ5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長い人では9連休もあるシルバーウイーク、どんなふうに過ごしているだろうか。特に特別なことはしていないというあなた。読書の秋ともいうし、プロが進めるマンガを読んで過ごしてみませんか?

 2005年から毎年末、その年、最もおもしろかったマンガを書店員や芸能人、評論家などへのアンケートにもとづき、ランキング形式で紹介する『このマンガがすごい!』。このほか同編集部が運営するマンガ情報サイト「このマンガがすごい!WEB」は6月に開設1周年を迎え、アクセス数が、開設当初の8倍になるなど注目されている。

 その『このマンガがすごい!』編集長・薗部真一さんが選んだ女性向けの5作品を紹介する。

・『大奥』(現在12巻)よしながふみ/ 白泉社
 男女逆転した「大奥」の物語。大きな謎がちょうどひと段落ついた今が、読みごろだ。

・『海街diary』(現在6巻)吉田秋生/小学館
 鎌倉で暮らす四姉妹の物語。今年6月には、『そして父になる』の、是枝裕和監督による映画化も話題になった。

・『俺物語!!』(現在9巻)アルコ、河原和音/集英社
 ゴリラのような容姿の猛男と天然女子・大和の純愛物語。10月31日から映画が公開される。

・『親なるもの 断崖』(全2巻)曽根富美子/宙出版
 戦前の女郎部屋に売られた女たちの愛憎・執着・幸福への渇望が描かれる。

・『ベルサイユのばら』(現在12巻)池田理代子/集英社
 昨年、なんと40年ぶりに続編となる新刊が発売。今年7月にも最新刊が発売された。

※女性セブン2015年10月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ジブリや藤子・Fなど全国「マンガ美術館」紹介するガイド書
東京都が条例改定でマンガ規制に! なぜマンガは規制される?
チビ太のおでんなど漫画に登場する料理を多角的に分析した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP