体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブルックリンに学ぶ[6] まちをたのしむ、公共空間の上手な使い方

ブルックリンに学ぶ[6] まちをたのしむ、公共空間の上手な使い方

最終回の今回は、ニューヨークの人々がまちを楽しむ姿をご紹介します。今回の連載のキーワード「自由に暮らす」は他人と一緒の公共空間でも健在でした。●連載「ブルックリンに学ぶ 住まいとまちのつくり方」
5つあるニューヨークのエリアの中でもっとも人口の多いブルックリン(約250万人)。昨今さまざまなメディアでポートランドとともに注目を集めています。そんなブルックリンでは人々はどんな暮らしをしているのか? 住まいやまちづくりのヒントとなるような最新事情をお届けします。1.まちの空地を使いたおす。老若男女がゆっくり時間を過ごすマーケット

ニューヨークでは、土日問わずいろんな場所で「マーケット」が開かれています。その種類も食べ物からアンティーク、新鮮な食材までいろいろ。私も滞在中に3つのマーケットを覗いてみましたが、そのどれも友達グループの若者からファミリー、厳粛な雰囲気のおじいさんまで幅広い年代の人が思い思いの時間を過ごしているのが印象的でした。

最初に訪れたのは、海に面した広い一角に突然出現するフードマーケット「スモーガスバーグ」。マンハッタンが一望できる海岸に、50店ほどお店のブースが並び、あちこちからいい匂いが漂ってきます。午前中に訪れたにも関わらず、たくさんの人で溢れかえっていて人気のマーケットなのが一目瞭然。思い思いのブースに並んで出店者と会話しながら食事を楽しむ風景はやっぱり良いものです。

【画像1】分厚い一枚肉のステーキを販売する

【画像1】分厚い一枚肉のステーキを販売する”carnal”のお兄さん。むきむきのルックスがいかにもアメリカという風情。横でじっくり焼き上げる肉を待つ人々の行列が「肉食べたい」感を一層盛り上げる。スモーガスバーグにて(撮影:小野有理)

【画像2】見たことの無いサイズのフレンチフライポテト。持っている手の大きさと入れ物のコーンの大きさを比較すると大きさが分かるかと。上にはチーズをたっぷりかけて。この日の行列の長さはここ一番。スモーガスバーグにて(撮影:小野有理)

【画像2】見たことの無いサイズのフレンチフライポテト。持っている手の大きさと入れ物のコーンの大きさを比較すると大きさが分かるかと。上にはチーズをたっぷりかけて。この日の行列の長さはここ一番。スモーガスバーグにて(撮影:小野有理)

【画像3】列に並ぶ妻を待つパパ。彼のようにべビーカーを押す男性の姿がちらほら見えるのが印象的なフードマーケットだ。スモーガスバーグにて(撮影:小野有理)

【画像3】列に並ぶ妻を待つパパ。彼のようにべビーカーを押す男性の姿がちらほら見えるのが印象的なフードマーケットだ。スモーガスバーグにて(撮影:小野有理)

スモーガスバーグでお腹を満たした後は、アンティークのマーケットへ。いつもは摩天楼の中にぽっかり空いた空地なんですが、そこに定期的にアンティークマーケットが出現。大小さまざまなテントが整然と並び、古色蒼然とした品々を売っている風景は、さながら大都会の中のキャラバン隊のような雰囲気を漂わせます。アンティークショップの人々がネット販売する前のものが手に入るとあって、こちらはスモーガスバーグよりも幅広い世代の人々が真剣な面持ちで、お財布と品物を見比べ行き来する姿が見られます。

【画像4】摩天楼の一角で行われているアンティークマーケット。フードマーケットに負けず劣らずこちらも大にぎわいだ(撮影:小野有理)

【画像4】摩天楼の一角で行われているアンティークマーケット。フードマーケットに負けず劣らずこちらも大にぎわいだ(撮影:小野有理)

【画像5】古めかしい品が並ぶ。鹿の頭・角はもちろんホンモノ。中には「誰が買うんだろう?」と不思議になるような品もたくさん(撮影:小野有理)

【画像5】古めかしい品が並ぶ。鹿の頭・角はもちろんホンモノ。中には「誰が買うんだろう?」と不思議になるような品もたくさん(撮影:小野有理)

【画像6】入口のブース。ここで1ドル払って入場する。ペット連れやベビーカーを押しながらヴィンテージ家具を吟味する人もいて、みんな自由な時間を過ごしている(撮影:小野有理)

【画像6】入口のブース。ここで1ドル払って入場する。ペット連れやベビーカーを押しながらヴィンテージ家具を吟味する人もいて、みんな自由な時間を過ごしている(撮影:小野有理)

【画像7】合間に訪れたアート蚤の市の入口。古ビル1階部分の壁を取り払った広い空間に、たくさんのアーティストやヴィンテージショップが所狭しと並ぶ。朝からお客さんもたくさん入っていた(撮影:小野有理)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。