ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「紙から飛び出すキューブ」の描き方、教えます(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然ですが、この画像を見てください。

キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利用して立体的に見えるイラストのことを3Dアートと言います。
でも、実際どうやって描いてるの?と疑問の方も多いはず。そんな人のために、ハンガリー出身のアーティストSandor Vamosさんが「紙から飛び出すキューブ」の描き方を動画で紹介しています。

紙と鉛筆、黒と茶の油性マーカー(動画ではイギリスのブランドProMarkerを使用)、白いペン、ハサミ、カッターを用意してください。

まずは鉛筆で下書き。黒色のマーカーで、キューブの影になる部分を描きます。キューブの外枠を茶色のマーカーで塗っていきます。再び黒色のマーカーを使って、茶色で塗られた部分に上塗りして、絶妙な色合いを調整。白いペンで質感を出していきます。この時点からすでに立体的に見えますね。鉛筆やペンなどで全体の色合いを調整し、イラストは完成。最後は紙から飛び出て見える演出のため、ハサミとカッターを使って切り取ります。 どうです?もう浮き出てるようにしか見えませんよね。Sandor Vamosさんは、他にも3Dアートのハウツー動画をYouTubeに掲載しています。例えば、宙に浮くRedBull水面を飛び跳ねるイルカの描き方など…。一度、挑戦してみては?

キューブの描き方を紹介した動画はこちらから。

Licensed material used with permission by Sandor Vamos

関連記事リンク(外部サイト)

イギリスで発見された「鋼鉄の妖精」の魅力が世界中で話題に!美しすぎる・・・
【観に行ける!】世界的テクノロジー集団が演出する「夜の水族館」がスゴイ
マジックよりもすごい神ワザ。「カーディストリー」 って?(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。