ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イマドキの恋愛は女がアプローチすべき? 高田純次も「攻撃的になんないとダメ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

イマドキのオトコは恋愛にガツガツしていない、とはよく聞く話。草食男子など、そもそも恋愛や結婚に興味がない男性が急増しているとか。今や気になる男性ができても、女性側からアプローチを仕掛けなければ、なかなか恋愛関係に発展しない時代と言えそうだ。

9月12日の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ系)では、ゲスト出演した大久保佳代子が、現在好きな人がいることを告白。上沼恵美子が「スタッフじゃない?」と鋭く突っ込むと、大久保は「先輩、さすがですね」と認めた。(文:みゆくらけん)
上沼恵美子「姉の留守宅に引っ張り込んだ」

関係はまだ何も進んでいないものの、まわりの女芸人の結婚・出産に触発され、「ぼちぼち本気で動こうかなって」とその恋愛成就に前向きな様子だ。そんな大久保に、上沼恵美子が本気でこうアドバイス。

「オンナの人からアプローチしないとダメ!」

上沼は、大久保のようなタイプは「相手にしてもらえない」と男性に思われがちだという。稼ぎが多いことや、普段の男好きキャラの影響が大きいのだろう。「だからハッキリ意思表示しないと分かってもらえない」とし、「女の人からアプローチするのはカッコ悪いことではない」とも言い切った。

上沼自身も、夫との関係を発展させたのは自分からのアプローチだったという。当時、姉と住んでいた新大阪の家に、姉がいないことを確認して引っ張りこんだのだとか。

「ちょっと来てください!って引っ張りこんで、それで結ばれたのよ。こっちから結ばれた。お茶出してる間にシャワー浴びて(笑)」

なんて大胆。それを聞いた高田純次も「攻撃的になんないとダメですね」と後押しのコメント。アドバイスを受けた大久保は、最近引っ越したという家に好きな人を「引っ張り込むこと」に意欲を見せていた。
アンケート結果「6割の男性は歓迎」をどう解釈すべきか

しかし世間では、「女性からのガツガツしたアプローチは引く」という声があるのも事実。自分からはなかなか誘えない弱気な男性が増えたと言えども、「いい塩梅」を越えた「押し」にはリスクがあるようだ。

考えられるリスクは2つ。「ドン引かれる」と「遊ばれる」。このリスクを避けるためには、関係の経過観察が最も重要だ。いきなり自宅に誘うのは肉食女子過ぎて、相当ハイリスクでは?

あるアンケートでは独身男性100人に調査したところ、女性からの告白に対し6割の男性が「告白されたら好きになってしまうかも」「どんな女性からでもうれしい」と、女性からのアプローチに好感触だった。

一方、残り4割の男性が「あくまで自分から告白したい(7人)」「友人や同僚からだと困る(16人)」「遠まわしな告白にしてほしい(17人)」と回答している。

この結果から判断すると、やはり関係と相手の男性のタイプを見極めた上で、ライトに好意を伝えるのが好ましいと言えよう。

上沼や大久保が、狙った男性を「家に引っ張り込む」のはアリでも、一般女子であれば「帰り際にほっぺにキス」「また会いたいな(ハート)のメール」ぐらいが丁度良いのかもしれない。そして、それで来ないオトコなんか、行かなくてヨシ、である。

あわせてよみたい:現役を続ける高田純次の3つの戒め
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP