ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イギー・アゼリア、自身を批判したボスのT.I.にツイッターで“口撃”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月16日放送の米ラジオ局HOT 97の番組『Ebro in the Morning』にて、T.I.が自身のGrand Hustle Recordsに所属するイギー・アゼリアを批判し話題となっているが、これに対しアゼリアがツイッターで反応した。

 同番組のインタビューでT.I.は、“イギー・アゼリアのやり方は本人のキャリアを傷つけている”と言及。昨年暮れにア・トライブ・コールド・クエストのラッパー、Qティップから「ヒップ・ホップの歴史」についての教えを説かれた際、彼女がとった反応を例にあげたのだ。T.I.はその際、状況を鎮めようと努めたものの、アゼリアは反論し続けるばかりだったという。

 T.I.は、「冷静だったら何も問題なかったんだが、当時、イギーは言い返し、俺がやったことを台無しにした。俺は常に誠実だし、信義に厚いパートナーさ。スゴいと思ったらそいつと上手くやりたいし、銃弾からも守るさ。でも俺が出て行けと言ったら、去るしかないんだ」と話した。

 これに対し、アゼリアは自分がまだT.I.のGrand Hustle Recordsと契約していることに触れると共に、自分たちの関係をラジオで話すというT.I.の行動について疑問を投げかけている。イギー・アゼリアがツイッターに綴った返答はこうだ。

「契約があるのに。私はまだT.I.と契約していて、彼と仕事しているのよ。私たちに“問題”があるって初めて聞いたのがラジオのインタビューとはね」

「個人的には、ラジオが自分のチームの誰かとのパーソナルな問題を話す場所だとは思えないわ」

「彼は自分が言ったことに誤った点はないと思ってるみたいだけど、みんなが同意見ではないみたいよ」

「T.I.は、ここだと思ったときに自分の考えを公にしてしまう人なのね。私は冷静よ」

「みんな、良い1日を :-)」

関連記事リンク(外部サイト)

カート・コバーンの死から21年……タブーに切り込んだ衝撃作公開「カートはコートニーによって殺された」
グラミー受賞の実力派R&Bシンガー、ミゲルの初来日ライブが遂に決定
エリオット・スミス カリスマ的人気を誇る孤高のSSW、ファン必見のドキュメンタリー作品が命日に日本でリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP