ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲゲ可愛いっ!ゲゲゲの鬼太郎の人気キャラが「けん玉」になっちゃいました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以外ですがけん玉って発祥は日本ではないんです。日本にけん玉がやってきたのは江戸時代。けん玉と似たような遊びは世界各地に見られるそうです。

日本では民芸品としての認識が強いですが、2010年頃に日本のけん玉がアメリカで「KENDAMA」としてブレイクしたこともありますよね。Japaaanでもけん玉パフォーマー「ず~まだんけ」をご紹介しました。

[動画]けん玉の進化スゴっ!けん玉パフォーマンスコンビ「ず~まだんけ」の華麗な技を見よ!


日本のけん玉の歴史は江戸時代から始まりました。昭和を過ごした人であればけん玉の技を友達と競い合った経験がある人も多いとおもいます。そして最近ではけん玉は「KENDAMA」としてアメリカのストリ…

世界各地で様々な進化を遂げているけん玉ですが、今回紹介するのはゲゲゲの鬼太郎の人気キャラが日本定番の形のけん玉になった「ゲゲゲのけん玉」です。

なんですかこの可愛さは。目玉のおやじなんてけん玉になるために生まれたキャラといっても過言ではありません。ゲゲゲのけん玉で使用されているキャラは目玉のおやじ、鬼太郎、ねこ娘、ねずみ男。目玉のおやじと鬼太郎に限ってはチャンチャンコの黄・黒のしま模様も遠出されています。

東北の楓製のこのけん玉は知的障害者支援と自立を目指す、社会福祉法人あさひ会で製造。木の素材を生かしつつ、手塗りで仕上げられています。

ゲゲゲのけん玉は東京キッチュにて1,944円で販売中。遊ぶもよし、お部屋に飾るもよし。ゲゲゲのけん玉で昔を懐かしんでみませんか。

ゲゲゲのけん玉 : 東京キッチュ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

日本の郷土玩具がキュートなフィギュアに!中川政七商店×海洋堂「日本全国まめ郷土玩具蒐集」第2弾登場!
南部鉄器の起き上がり小法師「てつっこ」がたまらなく可愛い!
海外から見た日本。意外なモノが人気でビックリした件

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP