ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

裏側も透けて見える!?iPhoneを背面から操作できる不思議なケース「HandyCase」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
HandyCase

iPhoneやiPadを背面からもタップしたりスワイプしたりできる、というケース「HandyCase」が、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

・10本の指でフル操作できる

このケースがどんなときに便利かというと、例えばiPadでゲームをするとき。

横向きにした状態で両サイドを手で持つ。すると、親指はスクリーン横にくるが、残りの左右8本の指はiPadの背中を支える格好になる。

そうした持ち方でも、このケースだとゲームをしながら背面の指でも操作できる。つまり、10本の指をフルに使えるということになる。

・透けて見える!

加えて、背面が“シースルー”になるのも驚きだ。これは、ケースにあるタッチパネルが指の輪郭をとらえ、それを元にスクリーンに表示するため。

デモビデオを見ると、本当にスクリーンが透けて見えるかのような錯覚に陥るほど、よくできている。

HandyCase2

・iPhone6用は99ドルから

あまりにも神業的すぎて、どこが手がけたものなのかといぶかる読者もいるかと思う。開発元はシリコンバレー拠点のスタートアップHandScape

国際家電ショー(CES)などで賞を受賞するなどの実力派で、このケースに使われている技術は現在、特許を申請中とのこと。

ちなみに、HandyCaseはiPhoneでは6、6プラス、6S、6Sプラス用、iPadではAir、mini、Pro用がある。価格はそれぞれ異なり、KickstarterではiPhone6が99ドルから、iPad mini用が139ドルから、などとなっている。

Kickstarterでのプレオーダー分(10月23日まで受け付け)は、来年4月ごろの発送を予定していて、一般発売を前に話題となりそうだ。

HandyCase/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。