ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

海外の宿はエキサイティング?○○○には要注意!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Hiromi Yamashita「はちみつ色の村に出会う旅――バスツアーで巡るイギリス、コッツウォルズ」

Photo credit: Hiromi Yamashita「はちみつ色の村に出会う旅――バスツアーで巡るイギリス、コッツウォルズ

こんにちは! TRiPORTライターの小林香織です。日本を出て異国を旅していると「ありえない!」と感じる出来事に出会うのは珍しいことではありません。私も海外を訪れたとき、何度もそんな経験をしたひとり。

今回は、その中でも最も印象深く心に残っている、ニューヨークで宿泊した宿で遭遇した「ありえない」出来事をご紹介します。

NYのAirbnbの宿で起きたまさかの珍事件

 

それは私が今年の3月に、彼とニューヨークを訪れた際に宿泊したAirbnbの宿で起こりました。その宿はブルックリンにある古いアパートでしたが、内装はキレイで暖房もよく効いており、住人はやさしくてイケメンのクロアチア人。決して居心地は悪くありませんでした。ひとつ難を言えば、若干トイレの流れが弱いぐらい。

ただ、そのトイレも紙の量にさえ注意すれば、とくに困るほどではなく、初めて使ったAirbnbの宿を満喫していました。しかし、騒がしいニューヨークの雰囲気に浮かれていたのでしょうか。私はついうっかり日本のトイレと同じ感覚で紙を流してしまったのです。

「マズイ」と思った次の瞬間、案の定トイレが思いっきり詰まりました。何度か流すと水がどんどん上昇し、今にもあふれそうな始末。なんとかしなければと同じ部屋に泊まっていた彼を呼び、その場にあったトイレが詰まったときの救世主「ラバーカップ」を使い、修復を試みました。

度重なる不運に思わずグッタリ

Ciel「女一人旅 フィレンツェ 天皇皇后両陛下がお泊まりになられたホテルでおこもり」

Photo credit: Ciel「女一人旅 フィレンツェ 天皇皇后両陛下がお泊まりになられたホテルでおこもり

しかし、なんとも不運なことにカップにパックリと切れ目が入っていて、その役目を果たさなかったのです。何度トライしてもあふれそうな水はまったく引く気配がありません。仕方なく同じアパートの住人にラバーカップを見せ、カタコトの英語で「この道具が壊れたので貸してほしい」とお願いするも、けげんな表情で「No」と一蹴。きっとおかしなアジア人だと思われたことでしょう。

結局1時間ほど壊れたラバーカップで格闘をつづけたところ、なんと奇跡的に詰まりが解消したのです。このときの安堵感たるや言葉では言い表せないほどでした。住人に気づかれることもなく事なきを得ましたが、この旅で一番エネルギーを消耗しグッタリした瞬間だったことは言うまでもありません。その後、私はひたすら彼に謝りつづけたのでした。

想定外のハプニングも旅の醍醐味

Monami Taguchi「私の青春『世界の中心で愛をさけぶ』のオーストラリア ウルルでキングスキャニオン満喫旅」

Photo credit: Monami Taguchi「私の青春『世界の中心で愛をさけぶ』のオーストラリア ウルルでキングスキャニオン満喫旅

旅でこのような予想外のトラブルに見舞われるのは、一見不運に見えるかもしれません。しかし、二度と起こしたくないこの経験から注意深さを学ぶことができました。それに、きっとこんなことがなければ英語を流暢に話せない私が、アパートの住人にひとりで話しかける勇気は出なかったはず。

さらには、トラブルを一緒に乗り越えたことで彼との絆も深まったような気がします。ひとつの出来事のマイナス面だけを見るのではなくプラスの要素を探し出せれば、それは十分な価値に変わります。すべては自分の捉え方次第ですよね。

順風満帆な人生などありえないように、国境を超えた旅も一筋縄ではいかないもの。ですが、そんなハプニングこそ旅の醍醐味とも言えるのではないでしょうか。ぜひ怖がらずに、どんどん新しい世界へ一歩踏み出してみてください。どんな出来事も価値に変えることができる成長した自分に出会えるはずです。

ライター:小林香織 Photo by: Daisuke Taniwaki「Cenote Diving!

関連旅行記はこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。