ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山一證券自主廃業描く連ドラ完成で江口洋介、萩原聖人ら挨拶

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1997年に自主廃業を発表した山一證券。野澤正平社長(当時)が「社員は悪くありません!」と号泣会見をしたことを覚えている人もいることだろう。そんな同社の自主廃業を描いた『しんがり 山一証券 最後の12人』(清武英利・著/講談社+α文庫)が原作のドラマ『連続ドラマW しんがり~山一証券 最後の聖戦~』がWOWOWプライムチャンネルで9月20日に全6話(毎週日曜日22時~)でスタートする。第一話は無料放送となる。

 同ドラマの完成披露試写会に、主役の江口洋介をはじめ、萩原聖人、勝村政信、矢島健一、若松節朗監督が登場し、作品について語った。

「しんがり」は、戦国時代等の合戦の際、最後尾にとどまって追撃する敵を食い止めたりする役のことだ。同作でも、江口が演じる梶井達彦らが会社の不正への怒りを胸に、すべての社員、顧客、家族のために使命感で自らを奮い立たせる「しんがり」を演じる。

撮影■高柳茂


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
藤原紀香 愛之助も出演する新ドラマで新米バスガイドに挑戦
藤原紀香 片岡愛之助と共演ドラマの試写会で見せた美脚
フジTV 大晦日に数字不振のアイアンシェフで勝負の局内事情

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。