ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

根気との戦い!?数千本のマッチで綴るタイポグラフィが芸術的

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アーティストに必要なものとは、一体何だろう。

才能とインスピレーション、それに努力や根気も持ち合わせていることが理想?

米・イリノイ州を拠点に活動するマルチメディア・アーティスト、Pei-San Ng氏が手掛けた「Matches(マッチズ)」は、その“根気”に拍手を送りたくなるものばかり。

マッチズ」は、糊の付いたマッチを木盤に貼り付けて、“タイポグラフィ”を創り出す3Dアート

文字を形成する“マッチ棒”は細いので、微妙なラインの曲線を表現することが可能だ。

しかしそれ故に、手先の器用さや精密さに加えて、想像を絶する集中力が必要とされそう。

Pei-San Ng氏曰く「中国では、赤という色は幸運な色。その一方で、マッチは危険なものを連想させる」

「このアートは、そんな対極にあるメッセージを発信しているの。見る人を混乱させ、作品を壊したくなるような衝動を引き起こさせたい…」と語っている。

タイポグラフィのほかにも、絵柄を制作した作品などもあるので、興味がある方はぜひ彼女のオフィシャルサイトをチェックしてみて。

Pei-San Ng
http://peisanng.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP