ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

少しずつ色々食べたい女性にうれしいフルコース約28種類全てをタパスサイズで頂くディナー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのレストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」は、「Tapa-tizers タパタイザー®」提供1周年を記念して、冷菜、温物、スープ、魚料理、肉料理、デザートまでを全てタパス(小皿)で提供する1周年記念特別ディナーコース「The Art of Tapa-tizers® 」(10000円・消費税・サービス料別)を提供する。

「Tapa-tizers タパタイザー®」とは、Tapas(タパス)とAppetizer(アペタイザー)を組み合わせた独自のサービス。冷菜や温物、スープなどバラエティ豊かなタパスサイズの前菜に、メインディッシュ、デザートメニューを各1種ご選択いただくディナーコースのこと。

「The Art of Tapa-tizers® 」は「Tapa-tizers タパタイザー®」の全てがタパスサイズで提供される、タパスを満喫できるコース。

メニューは前菜約8種、スープ1種、魚料理約5種、肉料理約7種、デザート約5種の合計25~28種類に、シェフ特製オリジナルディップ3種、グリッシーニとパン2種を加えたものを提供する。ちょっとずつ多くの料理を楽しみたい女性には、うれしすぎるコースだ。

繊細にまるでアートのように作られたタパスの数々が味わえる機会を、お見逃しなく!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP